芸能

有森也実が胸の先端を夕日色染め「絶頂」/美女「野外情交」シーン大全(終)

 それは「濡れる」ということをイメージさせるためか、海や川などの水辺には、妖しい気配が漂っている。ここで紹介する作品群のように…。週刊アサヒ芸能の連載コラムでおなじみ井筒和幸監督の「犬死にせしもの」(86年、松竹)には、これが映画初出演という話題の新人女優が出ている。のちにミリオン歌手となる今井美樹だ。

 今井は「ヤクザの情婦」という今では考えられない役で、海賊役の真田広之や佐藤浩市に浜辺で拉致される。一度は海に逃げたものの、捕らえられて再び浜辺へ。

「脱いだらええんやろ!」

 覚悟を決めた今井が服を剥ぎ取り、あぐらをかいて座り込む。小ぶりなバストも、ヒップの割れ目も全てさらけ出し、囲まれた男たちに何枚もの写真を撮られる。生涯唯一の脱ぎシーンとなるが、まったく動じたところがないのは、さすが「PRIDE」のせいか。

 さて「トレンディー女優」の肩書も今は昔。近年はカルト映画で体を張る有森也実は「いぬむこいり」(17年、太秦)で、顔だけ犬の「犬面人」との変化球的なカラミを見せた。

 浜辺にて、動物的な欲望を向ける犬面人に身を任せると、対面の体勢で奥まで深く入れられる。快感に上体をのけぞらせると、スレンダー美バストの頂が夕日に照らされ、トップがピンク色に染まるのだった。五十路を前にして、ヘアまで堂々とそよがせた初脱ぎには、女優としての覚悟が存分に見て取れた。

 それまでアイドル的なポジションだった麻生久美子が、女優として一念発起したのが「カンゾー先生」(98年、東映)である。巨匠・今村昌平監督との出会いにより、麻生は女優として脚光を浴びる。漁師の娘・ソノ子に扮した麻生は、アソコに卵を挿入されるなど、脱アイドルの芝居を演じた。ソノ子は貧乏な家族のために、肉体を男に供して生計を立てるという役なのだが、今村演出によって過激なシーンがより際立っていた。ラストは、カンゾー先生(柄本明)と乗った小船で、クジラを見つけて裸のまま海に飛び込む。形のいい乳房と、丸みを帯びたヒップラインが実に美しい。と、自分のヒップを「叩いて」と、 なんと、スパンキングのおねだり。海に浮かぶ小船の上でうつ伏せになり、ヒップを叩く乾いた音を大海原に響かせた。

 同じく洋上の初カラミを見せたのは、ベテラン女優の十朱幸代だ。緒形拳の妻でありながら家出中という役で出演した「魚影の群れ」(83年、松竹富士)では、四十路の豊かなバストを初めて披露した。夫の持つ漁船で、4分半もの長く濃厚な情交シーンを見せる。あまりに妖艶な熱演と、緒形という熟達な役者のリードも重なり、「本番ではないのか」と映画関係者に言わしめた白眉のシーンだった。

 朝ドラ「ほんまもん」(01~02年)のヒロインも務めた池脇千鶴は、清純派のイメージを打ち破る演技を披露。14年の「そこのみにて光輝く」(東京テアトル)がそれだ。

 港町を舞台に、家計を助けるため春をひさぐ女が池脇の役どころ。そのため、父親が寝ている横で、綾野剛に体を与えて切ない声を漏らすことも。クライマックスに訪れた海の中で2人がまぐわうシーンは、日本アカデミー賞優秀主演女優賞に輝く原動力になった。

 いずれも、女優としての大きな分岐点に「海辺の情事」を選んだのは、人間の源流を知る思いである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」