芸能

有森也実が胸の先端を夕日色染め「絶頂」/美女「野外情交」シーン大全(終)

 それは「濡れる」ということをイメージさせるためか、海や川などの水辺には、妖しい気配が漂っている。ここで紹介する作品群のように…。週刊アサヒ芸能の連載コラムでおなじみ井筒和幸監督の「犬死にせしもの」(86年、松竹)には、これが映画初出演という話題の新人女優が出ている。のちにミリオン歌手となる今井美樹だ。

 今井は「ヤクザの情婦」という今では考えられない役で、海賊役の真田広之や佐藤浩市に浜辺で拉致される。一度は海に逃げたものの、捕らえられて再び浜辺へ。

「脱いだらええんやろ!」

 覚悟を決めた今井が服を剥ぎ取り、あぐらをかいて座り込む。小ぶりなバストも、ヒップの割れ目も全てさらけ出し、囲まれた男たちに何枚もの写真を撮られる。生涯唯一の脱ぎシーンとなるが、まったく動じたところがないのは、さすが「PRIDE」のせいか。

 さて「トレンディー女優」の肩書も今は昔。近年はカルト映画で体を張る有森也実は「いぬむこいり」(17年、太秦)で、顔だけ犬の「犬面人」との変化球的なカラミを見せた。

 浜辺にて、動物的な欲望を向ける犬面人に身を任せると、対面の体勢で奥まで深く入れられる。快感に上体をのけぞらせると、スレンダー美バストの頂が夕日に照らされ、トップがピンク色に染まるのだった。五十路を前にして、ヘアまで堂々とそよがせた初脱ぎには、女優としての覚悟が存分に見て取れた。

 それまでアイドル的なポジションだった麻生久美子が、女優として一念発起したのが「カンゾー先生」(98年、東映)である。巨匠・今村昌平監督との出会いにより、麻生は女優として脚光を浴びる。漁師の娘・ソノ子に扮した麻生は、アソコに卵を挿入されるなど、脱アイドルの芝居を演じた。ソノ子は貧乏な家族のために、肉体を男に供して生計を立てるという役なのだが、今村演出によって過激なシーンがより際立っていた。ラストは、カンゾー先生(柄本明)と乗った小船で、クジラを見つけて裸のまま海に飛び込む。形のいい乳房と、丸みを帯びたヒップラインが実に美しい。と、自分のヒップを「叩いて」と、 なんと、スパンキングのおねだり。海に浮かぶ小船の上でうつ伏せになり、ヒップを叩く乾いた音を大海原に響かせた。

 同じく洋上の初カラミを見せたのは、ベテラン女優の十朱幸代だ。緒形拳の妻でありながら家出中という役で出演した「魚影の群れ」(83年、松竹富士)では、四十路の豊かなバストを初めて披露した。夫の持つ漁船で、4分半もの長く濃厚な情交シーンを見せる。あまりに妖艶な熱演と、緒形という熟達な役者のリードも重なり、「本番ではないのか」と映画関係者に言わしめた白眉のシーンだった。

 朝ドラ「ほんまもん」(01~02年)のヒロインも務めた池脇千鶴は、清純派のイメージを打ち破る演技を披露。14年の「そこのみにて光輝く」(東京テアトル)がそれだ。

 港町を舞台に、家計を助けるため春をひさぐ女が池脇の役どころ。そのため、父親が寝ている横で、綾野剛に体を与えて切ない声を漏らすことも。クライマックスに訪れた海の中で2人がまぐわうシーンは、日本アカデミー賞優秀主演女優賞に輝く原動力になった。

 いずれも、女優としての大きな分岐点に「海辺の情事」を選んだのは、人間の源流を知る思いである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
3
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
4
姉・平愛梨を超えた!?平祐奈の胸が急成長しているッ
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)