エンタメ

アニメ化で注目!「こち亀」に「香取慎吾の実写版」を超える黒歴史作品があった

20160624kotikame

「週刊少年ジャンプ」で好評連載中の、秋本治原作による「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が、8年ぶりにTVアニメ化されることになった。原作連載40周年を記念したもので、主役・両津勘吉役のラサール石井ほか、オリジナルのメインキャストが再集合するとのことで、注目されている。

「『こち亀』のテレビアニメは96~04年にかけて放送されて、その後何度かスペシャル番組も製作されています。他にも、ラサール石井が主演した舞台、香取慎吾が両津を演じた実写のTVドラマ・映画と、数多くのメディア展開がされています。原作自体も現在199巻まで発行、1億5000万部を超える部数を誇っている、まさに化け物コンテンツですよ」(サブカルライター)

 香取版は「イメージが違いすぎる」と原作ファンから叩かれまくったが、実は「こち亀」にはそれ以上の“黒歴史”作品がある。それは、1977年12月24日に東映系で公開された映画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」である。当時大ヒットを飛ばしていた「トラック野郎」の併映作品であり、両津を演じたのは、せんだみつお。ほか、荒井注、浜田光夫、田中邦衛、夏木マリ、由紀さおりなど、出演キャストもなかなかに豪華だ。

「当時人気だった松本ちえこや、『Gメン‘75』のメンバーを特別出演させるなど、お祭り要素も高かったのですが、原作者の秋本氏がお気に召さなかったのか、以後ソフト化はおろか、テレビ放映もされていない“幻の1作”になっていますね。最近では、名画座などでもかからなくなってきています」(映画ライター)

 映画に反映された原作初期の暴力的なテイストを今アピールしたくない、スタッフロールで秋本氏の改名前のペンネームが表示されるなど、黒歴史化の理由には様々な憶測が働くのだが、元は同じ「こち亀」、テレビアニメも再開ということで、そろそろこちらの映画も解禁してみてはいかがだろうか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化