芸能

蒼井優 名作戯曲の舞台演技で魅せた禁断の過激シーン一部始終

20160630l

 主演舞台で禁断の過激なシーンに挑戦したのは、「清純派」のイメージが濃い蒼井優(30)。公衆の面前で展開した脱皮演技を熱実況する!

「妹のお前を愛しているんだ!」

 舞台の序盤、兄のジョヴァンニ(浦井健治)から告白された妹のアナベラ(蒼井)は、自分も同じ恋心を抱いていることを告げると、熱いまなざしで見つめ合う。そして、それまで抑えていた欲情を爆発させるかのように互いの唇を何度も重ね合わせ、貪り合うのだった──。

 蒼井の艶技をナマで観られるのは、新国立劇場で上演中の主演舞台「あわれ彼女は娼婦」(6月8日~26日)。1620年にイギリスの劇作家ジョン・フォードが執筆した名作戯曲である。

 舞台は中世イタリア。誰もがうらやむ美貌の持ち主の蒼井に次々と男たちが結婚を申し込むのだが、それを全て断り、処女をささげた相手は実の兄だった。人目を忍んで逢い引きを続ける2人だが、家庭の事情で蒼井は貴族のソランゾ(伊礼彼方)と結婚することになる。しかし、結婚式後に蒼井が兄の子供を妊娠していることを知って激昂したソランゾは、自分が住む屋敷の一室に蒼井を「監禁」してしまったのだ。

 何日も部屋に閉じ込められているうち、着ていた白いワンピースは薄汚れ、食事も喉を通らないのか、蒼井は力なく床に寝そべっていた。そんな絶望の淵で思い浮かべたのは、兄との初夜での情事。

 あおむけのまま天井に向かって両手を伸ばすと、兄にキスされ、首筋から下半身に向かって愛撫されるのを妄想してヨガる蒼井。おもむろに足を開き、正常位になると、再び激しくアエギ声を響かせて、絶頂を迎えようとするのだった。

「近親相姦」をテーマにした舞台は上演前から話題を呼び、平日でも座席が埋まる盛況ぶり。その勢いのまま、蒼井の「エロ進化」は止まらない。

「今秋に公開予定の映画『オーバー・フェンス』で激しいラブシーンがあるのではないかと、映画関係者の間で話題になっています。蒼井さん演じる函館のキャバクラ嬢が冴えない失業男と恋に落ちる設定で、監督こそ違いますが、スタッフは映画『そこのみにて光輝く』の照明や撮影チームが集結。この作品では池脇千鶴(34)が濡れ場に挑んで大胆に乳首をさらしているだけに、『蒼井も脱ぐのでは』と注目を集めているのです」(映画ライター)

 仕事が順調な一方で、私生活での「濡れた噂」は聞こえてこない。蒼井と親しい芸能関係者によれば、「仕事終わりに共演者と飲みに行く姿はたびたび目撃されていますが、仕事仲間止まりで進展はないようです。これまで大森南朋(44)や堤真一(51)、鈴木浩介(41)らとの熱愛が発覚するなど共演者キラーで知られ、魔性の女というイメージがついてしまった。本人も自覚しているようで、『一緒に飲んでも警戒されちゃって』と嘆いていました」

 だからって「禁断の恋」はご遠慮を。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
2
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
3
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
4
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”