芸能

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(2)横山やすしが見せた“本物の涙”

20160630m

 歌手で女優のあべ静江(64)は84年12月の「猫殺し会見」で大きなインパクトを残した。ある週刊誌の記者が、

「飼っている猫を壁にぶつけて殺したという話を聞いたのですが‥‥」

 と、「猫殺し」の質問をぶつけたところ、あべは激怒。

「あなた、どういうつもりでおっしゃってるんですか? お名刺をください。いや、『あとで』じゃなくて、今ください」

 質問した記者に詰め寄るあべ。彼女の怒りは一向に静まらない。

「何で私が猫を壁にぶつけるんですか! そんな失礼な質問はないでしょう」

 この予想外の反撃に、当の記者はタジタジとなった。

「そういう怪しげな噂があったのは事実です。しかしいつもはおしとやかなあべさんがあそこまで逆上するとは思いませんでした。私は彼女のことを信じていますが、ああいう反応を示したことで、周囲の疑惑は逆に深まってしまった気がします。当時の彼女は受け流すということができなかったんですね」(前田忠明氏)

 続いてお届けする会見の主役は、天才漫才師と言われた故・横山やすし(享年51)。その人生はトラブル続きだったが、息子の木村一八(46)も父親に劣らぬトラブルメーカーだった。88年には、タクシー運転手に対する傷害で逮捕された。

「原因は乗車拒否。しかし、暴行されたのは拒否した運転手ではなく、そのあとに拾ったタクシー運転手だった。つまり八つ当たりだったのです」(芸能記者)

 暴行を受けた運転手は頭蓋骨骨折・脳挫傷など命に関わる重傷を負った。やすしは当初、事件の内容をまったく把握していなかった。女性レポーターの直撃に、当初は、

「男はケンカするくらいがちょうどええ!」

 と、トンチンカンな「教育論」をぶちまけたほどだが、あらためて事態を把握すると会見で深く陳謝。被害者男性の家族に土下座して謝罪したことを明かした。

「いくらカワイイ息子がやったこととはいえ、人を生きるか死ぬかの目にあわしてしまって、ホンマにすんまへんでした」 

 涙ながらに、こう訴えたやすし。号泣する姿に、「感動の親子愛」とテロップをつけて放送するワイドショーもあった。

「会見でやすしさんが見せたのは本物の涙です。常に本音で生き続けたやすしさんの人生を物語るような会見でした」

 こう振り返る前田氏が、やすしと同様に死を悼んだのがフリーアナウンサーの故・逸見政孝(享年48)。93年9月6日に開かれた会見では開口一番、次のように語った。

「前回の手術の時は、せん孔性十二指腸潰瘍とウソの病名を言いました。申し訳ありません。今回は直接皆様に報告したいと思います。私の病名はガンです」

 突然の「ガン告白」に報道陣は息を呑んだ。

「公表について、奥さんは反対していましたが、それを押し切って残り少ない命の灯をさらけ出した。その勇気は本当に立派でした」(前出・前田氏)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方