芸能

あべ静江「もし、家で1人で倒れちゃってたら…」/テリー伊藤対談(4)

テリー あとさ、これも聞きたいんだけど、去年の3月に脳梗塞になっちゃったんでしょう?

あべ そうなんですよ。私はその時の記憶があんまりないんですけど。

テリー どういう状況だったの?

あべ とにかく連休の初日だったんですよね。それで仕事があったから、2人のマネージャーが私の家に来たんですよ。そしたら何か様子がおかしかったみたいで‥‥。

マネージャー しゃべってる言葉がおかしいんですよ。ちゃんと聞き取れなくて。あと、メイクの仕方もいつもと違いました。

あべ ファンデーションじゃないものを顔中に塗って、シャネルズみたいになってたらしいです(笑)。

テリー へぇ、そうなんだ。ちょっと怖いよね。

マネージャー でも、普通に家の中を動き回ってるから、まさか脳梗塞だとは思わなくて、「昨日どこかに飲みに行って、まだ酔いが醒めてないのかな」ぐらいに思ってたんです。

あべ 失礼しちゃうでしょう(笑)。

テリー そうだよね。昔のあべさんならいざ知らずね(笑)。それで?

マネージャー その日は朝が早くて、8時にはスタジオに入らないといけなかったから、とりあえず向かうことにしました。

テリー あ、スタジオまで行ってるんだ?

マネージャー はい。「今からお仕事ですけど、大丈夫ですか?」って聞いたら、「大丈夫よ」みたいな感じだったので。

テリー まぁ、仕事相手も待ってるし、判断は難しいよね。

マネージャー そうですね。ですから、スタジオに向かう途中の車から主治医の先生に電話をしました。

テリー なるほど。

マネージャー その時はまだ早い時間で、先生にはつながらなかったんですけど、スタジオに着いたら「脳梗塞の疑いがあるからすぐに救急搬送しなさい」と先生に言われて、救急車を呼びました。

テリー それで即入院だったの?

あべ そうみたいです。コロナの時期だったので、なかなか病院も見つからなくて、1時間以上は車にいたみたいですけど。

テリー 入院はどのぐらいだったの?

あべ リハビリも含めて2カ月ぐらいです。

テリー そうかぁ、大変だったねぇ。でも、もしその日が休みでさ、マネージャーが来てくれてなかったら怖かったね。

あべ ほんとに。もし、家で1人で倒れちゃってたらどうなってたか。

テリー あと、後遺症がなくてよかった。

あべ そうですね、今のところは。だけど、わからないですよね、病気だけは。これから何か出てくるのかもしれないし。

テリー そういう経験を経て、何か生活は変わった?まだまだ60周年、70周年と頑張っていかなきゃいけないでしょう。

あべ そうですね。やっぱり健康についてはいろいろ考えることがあって。これから少林寺拳法をやろうと思ってるんですよ。

テリー 少林寺拳法?

あべ 私たちの年代って、若い頃と比べてどうしても体が動かなくなるでしょう。それを解決するために、新しいラジオ体操みたいなものを考えたいなと。今、少林寺拳法の先生にお願いしてるんですよ。

テリー それ、いいね。DVDとかにして発売してもいいかもしれない。

あべ 私、ハッと気づいたら周りに少林寺拳法の人がたくさんいたんですよ。だから、これは「何かやれ」ってことかなと。これからはそういう活動もしていければなと思ってます。

◆テリーからひと言

 脳梗塞は驚いたけど、とにかく元気でよかった! 80周年まではイケるから、まだまだ頑張って!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化