芸能

小籔千豊が人見知りを「ただの甘え」と切り捨てるなど暴言を連発!

20160624koyabu

 お笑い芸人の小籔千豊が、人見知りについて「ただの甘えじゃ、バカタレ!」と放言。人見知りを自認する後輩芸人の森三中・黒沢かずこに対して、「人見知りのまま一生、生きていくのか? それはただの甘え」と心無い言葉を投げつけた。これは6月19日放送の「ハッキリ5 そんなに好かれていない5人が世界を救う」(朝日放送)での一幕だ。

 小藪は「人見知りとはいえ一歩出よう、それが必要」と語りつつ、人見知りの人にはプライドが高い人が多いとも指摘。終始、怒鳴り散らしながら持論を展開していた。そんな小藪に対して「人として許せないレベルの暴言」と怒りを露わにするのは、医療系専門誌のライターだ。

「こういう人がいるから、いつまで経っても人見知りに対する偏見がなくならないのです! 極度の人見知りは『社交不安障害』と呼ばれ、薬物投与も含めた治療法もあるれっきとした障害の一つ。動悸や吐き気などの症状を発生することもあり、時にはパニック発作に至ることもあります。それを単なる甘えと切り捨て、心の問題を軽視する小藪さんのような人こそ、症状の改善を阻んでいるということを強く自覚してほしいですね」

 小藪の発言がお笑い芸人のみに向けられているのであれば、芸人としての心構えの問題と言えなくもない。しかし小藪は、人見知りで上司と話すのがダメだという人を念頭に、「バカタレと思いますね」とも断言。これでは暴言との指摘も免れないだろう。

 今回は番組のタイトルにもあるように「そんなに好かれていない人」として出演していた小藪だが、好かれていないからと言って障害を持つ人に暴言を吐いてもいいという道理はない。そんな小藪はもちろん、この発言を放置した番組側の姿勢も問われそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    春の“ゆらぎ肌”で頬が赤く…赤ら顔は化粧水で簡単ケア!

    Sponsored
    91796

    春はさまざまな環境の変化から、肌トラブルが起こりやすい季節といわれます。朝晩の寒暖差、春風に舞う花粉などの刺激物質、暖かくなったことによる皮脂分泌の増加といった気候の変化に加え、新生活によるストレスなども、肌に影響を及ぼすようです。これらは…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    【一杯酒場】東京・蒲田「うなぎ家」

    97639

    うなぎ串焼からナポリタンまで「蒲田価格」を象徴する立ち飲み味と価格、両方にうるさい地元民が重視する「蒲田価格」を象徴するような「うなぎ家」は、立派なうなぎの串焼きをなんと1本300円で出す店。大将が「仕事帰りの人たちに、ポケットマネーで美味…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
TBS「ブラックペアン」主演が竹内涼真から二宮和也に変更された裏事情
2
「重病説」が飛び交うホリケンの「顔色が悪い本当の理由」とは?
3
大橋未歩の離婚&再婚に「介護してくれた旦那をよく捨てられたな」の大合唱
4
「やりたくない!」米倉涼子が「ドクターX」続編を断ったワケ
5
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!