芸能

キングコング西野亮廣の絵本作家転向は節税が目的だった?

20160629nishino

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が、芸人を辞めて絵本作家になることを6月28日のブログで宣言した。今後は絵本作家の肩書きで漫才やテレビ出演を続けるつもりだ。当の本人は「肩書きなんぞどうでもいいです」と綴っているが、週刊誌の記者はそんな西野の態度をこう裏読みする。

「公式プロフィールもお笑い芸人から絵本作家に書き換えたそうですし、単なるネタではなく、確固たる理由があっての行動でしょう。その理由ですが、節税が目的の可能性もありますね。絵画作品は相当な値段で売れたと豪語していますし、今後の生活も考えればここで節税するのは賢い策かもしれません」

 なぜ絵本作家に転向すると節税になるのか。個人で事業を営んでいる場合は「個人事業税」の支払い義務があるものの、芸人を含む芸能人はもともと例外となっており、作家に転向するメリットはない。一方で作家ならではの節税策があるというのである。前出の週刊誌記者が耳打ちする。

「作家や作曲家はヒット作があるかどうかで収入が大きく変動し、収入の波が少ない業種に比べて適用される税率が不公平になることから、収入が急に増えた年には『平均課税』という優遇措置を受けることができます。これにより節税が可能になるわけです。この制度を利用できるのは、主たる収入を原稿や作曲で得ている人のみ。つまり絵本作家なら恩恵を受けられるんですね」

 そんな西野がこれまで発表した絵本は2冊で、現在は新作を執筆中だ。このペースでは絵本作家として食べていけるか微妙なところだが、本人にはどんな勝算があるのか。その辺の計算もぜひ明かしてもらいたいところである。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
3
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
4
干される可能性も?“隠れ爆裂バスト”森七菜が「風呂シーン」を拒否する理由
5
渡部建、豊洲市場でマジメに働くも「ある問題」で同僚が大迷惑!?