芸能

高知東生、26年前に出演した作品の“あるシーン”が逮捕を暗示していた!?

20160701takachi

 薬物の所持で現行犯逮捕された元俳優の高知東生容疑者。元俳優といっても、世間に認知されていたのは女優、高島礼子の夫として。そして、多くの女性と浮名を流したプレイボーイというのが相場だろう。芸能記者が言う。

「高知は高島と結婚する以前に、元艶系女優のあいだももと夫婦でした。91年に結婚して、96年に離婚しています。その離婚は当時のグラドル、井上晴美との不貞騒動が報じられたためです」

 あいだとの出会いは、無名時代の高知がピンク作品で共演したこととも言われている。その共演作品で演じた濡れ場に、現在の薬物漬けの生活を思わせるシーンが存在すると騒然となっているのだ。

 その作品は90年に発売された「桃源郷」。高知があいだに覆いかぶさり、モゾモゾと動き回る。その手の作品としては、「ソフト」に分類されるカラミだ。しかし、絶頂に昇り詰める最中に差し挟まれるのがお香が焚かれるシーン。これが薬物使用を暗示しているというのだ。薬物事情に詳しいライターが話す。

「“ハッパ”を使用する人間が、よく臭いを消すためにお香を焚くんです。高知は逮捕された際に“ハッパ”も所持しており、そちらの容疑でも逮捕されています。“ハッパ”と薬物を同時に使うとなると、よっぽどの中毒者でしょう。しかも、逮捕されたのがホテルですから、プレイ目的で使用していたのは明らかですから、確かにそのシーンは意味深ですね」

 残念ながらお宝映像ではなく、お蔵入り映像となりそうだ‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!
3
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
5
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」