芸能

俺たちをトリコにしたオール「特撮ヒロイン」(4)「高田美和・片岡愛之助の養母が挑んだ異色時代劇の壮絶撮影」

20160714j

 東宝に負けじと、老舗の大映も特撮映画に乗り出した。平成シリーズも作られた「ガメラ」、そして強烈なインパクトを残した「大魔神」(66年)である。第1作のヒロインには、お姫様女優で人気だった高田美和(69)が扮した。

 このところ高田は、藤原紀香との結婚を控えた片岡愛之助の養母として再び注目された。

「彼は梨園の出ではありませんので、高校生の時に『芸養子』という形で迎え入れたんです。やがて彼のご両親が立て続けに亡くなられ、本当の『養子』として面倒を見ました」

 愛之助が歌舞伎役者として修業に励んだのと同じ19歳の時に、高田は「大魔神」に出演する。役どころは城主の姫君でありながら、悪家老の謀反によって兄とともに身を隠す小笹という娘だ。

「私は時代劇がやりたくて大映に入りましたので、この作品でも特撮とはいえ時代劇。特別なこととは思わず、撮影に入った記憶があります。スタッフの方々も、すごい意気込みという感じではなかった」

 悪家老の圧政に城下の領民は苦しみ、小笹の兄も捕らえられて処刑を待つ身に。丹波の山奥にまつられていた武神像に祈りを捧げると、怒りの魔神に姿を変えた。

「大魔神が登場する場面では、大型の送風機でものすごい量の粉塵を飛ばすんです。私、もともと目が大きいうえに、監督から『目を開けて!』とずっと言われていて、どんどん粉塵が目に飛び込んでくるんですよ。風圧だけでもすごいのに、目が痛くて大変でした」

 高田が驚いたのは、大魔神のスーツアクターを務めた元プロ野球選手・橋本力の鬼気迫る演技だ。実は目の部分は本人のままなので、高田以上に粉塵が目に飛び込む。

「目が真っ赤に血走って、終わったあとも『痛い、痛い』と苦しそうにしているのに、それでも目を閉じたりしませんでした」

 それが大魔神の異様な迫力につながっている。さて映画は、大魔神が悪家老の一味を退治したものの、もはや“暴走モード”と化して、領民の家まで破壊にかかった。

「そこで私が大魔神の足もとにしがみつき『怒りを鎮めてください』とポトリと涙を落とすんです。実際には大きな足の模型だけがあるんですが、大魔神の顔がどの高さにあるのかわからず、見上げる首の角度にとまどいましたね」

 さらにロケは奈良の山中が多く、そこかしこにヒルの群れがいたそうである。大映にとって初めての試みであった特撮時代劇は、当時の配給収入で1億円の大ヒット。全3作のシリーズ化も決まった。

「大魔神といえば、これまでにないブルーバック合成が売り物でしたね。かなり大規模なライトスクリーンまで用意されていました」

 そのライトスクリーンが再び活用されるのは、妖怪ブームの先駆けとして公開された「妖怪百物語」(68年)で、高田はこちらにも出演している。

「一つ目小僧や油すましなどいろんな妖怪が出てきましたが、通気性のよくない素材だったので、中に入る役者さんは本当に大変そうでしたね」

 高田が特撮の門をくぐった「大魔神」の公開から、ちょうど50年である──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
2
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
3
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
4
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
5
メジャー戦力外の上沢直之にバブル到来!「アメリカでプレー続行」困難で日本球界の獲得マネーゲームが始まる