芸能

天才テリー伊藤対談「冠 二郎」(1)実は2年後に引退を考えていました

20160714m

●ゲスト:冠 二郎(かんむり・じろう) 1944年、埼玉県生まれ。高校卒業後、作詞家の三浦康照氏に弟子入り。67年「命ひとつ」で歌手デビュー。77年、みずからも出演したドラマ「海峡物語」(テレビ朝日)の主題歌「旅の終りに」が初の大ヒットとなる。92年リリースの「炎」は「アイ、アイ、アイライク演歌」の一節が人気となり、「ネオ演歌」「アクション演歌」などの名称で若者からも支持される。92年、93年、95年と計3回NHK紅白歌合戦に出場。また、ユニークなキャラクターで数々のバラエティ番組にも出演。09年、埼玉県秩父市の観光大使に任命。今年3月31日、31歳年下の一般女性と入籍し、5月26日に大宮八幡宮にて挙式した。

「♪アイライク演歌」の強烈なフレーズが印象的な「炎」で大ブレイク、そのパワフルなキャラクターで、演歌界に独自のポジションを築き上げた冠二郎。今年3月には、なんと31歳年下の女性と電撃結婚。「この出会いは運命だった」と、親友である天才テリーに大激白!

テリー 今日は会えるのを楽しみにしてたんですよ!

 いやあ、俺もです。長いつきあいなのに、ずっとテリーさんのこと、だましていてすみません(苦笑)。まず去年は、年齢詐称でお騒がせしまして。

テリー アハハハ! お互い同い年だということで、こっちも「冠!」なんて呼び捨てにしてたのに、急に5歳も先輩になっちゃったんですよね(笑)。

 ホントに恥ずかしい。

テリー もう気にしないでくださいよ。今日は、それよりもっと聞きたいことがあるんですから!

 今年もお騒がせしちゃいましたからね。

テリー そうですよ、31歳も年下の女性と結婚されたなんて、ズルいじゃないですか。おめでとうございます!

 ありがとうございます。自分でもビックリしているんですよ(笑)。

テリー こんな夢みたいな話あるんですね。奥様とは、どんな出会いをされたんですか?

 今年の1月24日に、熱海で公演を行ったことがきっかけですね。

テリー ということは、奥様は熱海の方?

 ええ。ただ熱海は実家で、本人は都内で歯科衛生士をしています。当日の公演の関係者に知り合いがいて、東京から裏方の手伝いに来てくれたらしいんですよ。

テリー へえ、それは熱心ですね。

 それで公演前に関係者から「冠さん、大ファンの若い子がいるんだけど、会ってくれる?」と言われて、彼女が楽屋に入ってきたんですが、対面した瞬間、「あれ、どこかで会ったことある?」と思うぐらいの親しみが感じられて。

テリー ビビッと来ましたか!

 そうなんですよ。マネージャーに言わせると、その時の俺は相当オロオロして、舞い上がってたみたいですけど(笑)。

テリー ハハハ、冠さん、いい大人なんだから頼みますよ。

 でも、俺は71歳まで独身だったじゃないですか。このまま結婚しないで一生を終えるんだろうな、と思っていたんですよ。もちろん縁談の話もあったり、男の欲望もたくさんありましたけど、この仕事をやっているかぎりは女性関係はキレイにしようと、これまでやってきましたから。

テリー その気持ちが揺らぐほどの衝撃だったと。

 ええ。実は俺、一人暮らしにも疲れたし、何となく仕事にも力が入らないし、2年後ぐらいに引退しようと思っていたんです。そこに40歳を迎えて、髪を切って人生を変えようと思っていた彼女が現れた。

テリー まさに運命的な出会いだったと。

 しかも、俺は彼女とその時が初対面だと思っていたんですけど、実は俺と彼女は32年前にも会っていたんですよ。

テリー え、それはどういうこと?

 その頃、やっぱりディナーショーで熱海を訪れていて、その時に8歳の彼女がたまたま俺を見かけたらしいんです。立ち襟のシャツから胸毛が見えていたのが、小学生の彼女にはすごく印象に残っていた、と。

テリー 冠さんみたいな立派な胸毛の男性は、日本人にはなかなかいませんから(笑)。しかし、奇妙な縁ですねェ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
人気女優「セレブ」と金欠くらべてみました(1)石原さとみは“リアル高嶺の花”
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
平手友梨奈主演「響 -HIBIKI-」大ヒットは逃すも酷評が驚くほど少ないワケ