芸能

天才テリー伊藤対談「冠 二郎」(1)実は2年後に引退を考えていました

20160714m

●ゲスト:冠 二郎(かんむり・じろう) 1944年、埼玉県生まれ。高校卒業後、作詞家の三浦康照氏に弟子入り。67年「命ひとつ」で歌手デビュー。77年、みずからも出演したドラマ「海峡物語」(テレビ朝日)の主題歌「旅の終りに」が初の大ヒットとなる。92年リリースの「炎」は「アイ、アイ、アイライク演歌」の一節が人気となり、「ネオ演歌」「アクション演歌」などの名称で若者からも支持される。92年、93年、95年と計3回NHK紅白歌合戦に出場。また、ユニークなキャラクターで数々のバラエティ番組にも出演。09年、埼玉県秩父市の観光大使に任命。今年3月31日、31歳年下の一般女性と入籍し、5月26日に大宮八幡宮にて挙式した。

「♪アイライク演歌」の強烈なフレーズが印象的な「炎」で大ブレイク、そのパワフルなキャラクターで、演歌界に独自のポジションを築き上げた冠二郎。今年3月には、なんと31歳年下の女性と電撃結婚。「この出会いは運命だった」と、親友である天才テリーに大激白!

テリー 今日は会えるのを楽しみにしてたんですよ!

 いやあ、俺もです。長いつきあいなのに、ずっとテリーさんのこと、だましていてすみません(苦笑)。まず去年は、年齢詐称でお騒がせしまして。

テリー アハハハ! お互い同い年だということで、こっちも「冠!」なんて呼び捨てにしてたのに、急に5歳も先輩になっちゃったんですよね(笑)。

 ホントに恥ずかしい。

テリー もう気にしないでくださいよ。今日は、それよりもっと聞きたいことがあるんですから!

 今年もお騒がせしちゃいましたからね。

テリー そうですよ、31歳も年下の女性と結婚されたなんて、ズルいじゃないですか。おめでとうございます!

 ありがとうございます。自分でもビックリしているんですよ(笑)。

テリー こんな夢みたいな話あるんですね。奥様とは、どんな出会いをされたんですか?

 今年の1月24日に、熱海で公演を行ったことがきっかけですね。

テリー ということは、奥様は熱海の方?

 ええ。ただ熱海は実家で、本人は都内で歯科衛生士をしています。当日の公演の関係者に知り合いがいて、東京から裏方の手伝いに来てくれたらしいんですよ。

テリー へえ、それは熱心ですね。

 それで公演前に関係者から「冠さん、大ファンの若い子がいるんだけど、会ってくれる?」と言われて、彼女が楽屋に入ってきたんですが、対面した瞬間、「あれ、どこかで会ったことある?」と思うぐらいの親しみが感じられて。

テリー ビビッと来ましたか!

 そうなんですよ。マネージャーに言わせると、その時の俺は相当オロオロして、舞い上がってたみたいですけど(笑)。

テリー ハハハ、冠さん、いい大人なんだから頼みますよ。

 でも、俺は71歳まで独身だったじゃないですか。このまま結婚しないで一生を終えるんだろうな、と思っていたんですよ。もちろん縁談の話もあったり、男の欲望もたくさんありましたけど、この仕事をやっているかぎりは女性関係はキレイにしようと、これまでやってきましたから。

テリー その気持ちが揺らぐほどの衝撃だったと。

 ええ。実は俺、一人暮らしにも疲れたし、何となく仕事にも力が入らないし、2年後ぐらいに引退しようと思っていたんです。そこに40歳を迎えて、髪を切って人生を変えようと思っていた彼女が現れた。

テリー まさに運命的な出会いだったと。

 しかも、俺は彼女とその時が初対面だと思っていたんですけど、実は俺と彼女は32年前にも会っていたんですよ。

テリー え、それはどういうこと?

 その頃、やっぱりディナーショーで熱海を訪れていて、その時に8歳の彼女がたまたま俺を見かけたらしいんです。立ち襟のシャツから胸毛が見えていたのが、小学生の彼女にはすごく印象に残っていた、と。

テリー 冠さんみたいな立派な胸毛の男性は、日本人にはなかなかいませんから(笑)。しかし、奇妙な縁ですねェ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
5
「落合さんの言うことを聞いておけば良かった」あの日ハムOBが動画で“猛省”