芸能

グラドル「神水着」総選挙(17~32位)女子アナ、女優、あのレジェンドも!

20160718guradoruc

 発売中の「アサ芸シークレットVol.40」が発表しているグラドルの人気投票。

 AKB総選挙なら「アンダーガールズ」ということになるポジションでも、トップとまったく遜色ないのがグラビア界。いずれも崇め奉りたくなるような「PERFECT WOMAN」だ。

17位 鈴木ふみ奈(167センチ B96・W62・H93)

 バストよし、ヒップよし、性格よしでグラビア界の中堅トップに成長。バストとヒップがそろって90センチ超えは、美しき女体の神秘だ。

18位 塩地美澄(165センチ B89・W64・H88)

 近年は女子アナ出身のグラドルも少なくないが、写真集をすぐに増刷させたのは異例のケース。堂々とGカップと明かすのも好印象。

19位 星名美津紀(163センチ B92・W60・H86)

 短命に終わることが少なくないグラドルの中で、4年目で人気をキープしているのは大健闘。Hカップの衝撃は、今も維持したまま。

20位 中村静香(163センチ B88・W60・H86)

 あどけない顔立ちだが、脚も長くてスタイルのよさは特筆レベル。このところ女優業でも評価が高く、小池栄子に続く存在となるか?

21位 西田麻衣(158センチ B95・W58・H81)

 今年はめでたくデビュー10周年である。いつも変わらぬ「むちむちんぷりん」なボディは、そんな年月を忘れるほど弾力をキープ。

22位 柳いろは(165センチ B86・W59・H85)

 ややグラビア展開をセーブしている妹に比べ、姉のいろはは、要望に応えて水着のオンパレード。20代半ばの大人の色っぽさも満点。

23位 浅川梨奈(158センチ 推定85センチEカップ)

 1000年に1度の童顔で豊かなバストは、もはやスケールが大きすぎて理解不能だが、愛らしさは一目瞭然であろう。

24位 神谷えりな(152センチ B86・W58・H84)

「仮面女子」のメンバーとしても人気は高いが、Gカップをセーラー服風の水着に包んだりするグラドルとしての積極性も評価は高い。

25位 青山ひかる(154センチ B95・W59・H90)

 Iカップバストの小悪魔は、業界筋でも推す声が多い。バストが特大なだけでなく、ウエストもしっかりくびれたハイパーボディ。

26位 杉原杏璃(157センチ B89・W59・H80)

 ほしのあきや熊田曜子がリタイアしても「最年長グラドル」の領域で孤軍奮闘。いや、むしろ年々、若返っているようにも思える。

27位 染谷有香(175センチ B92・W60・H88)

 これだけ長身で高スペックのプロポーションでありながら、何と「男性経験はありません」と告白。プラス要素がまた1つ増えたようだ。

28位 橘花凜(160センチ B92・W58・H90)

 デビュー作がAmazonランクで1位に輝いただけでなく、DVDは常に上位をキープ。これだけのカラダは金を払って見たくなる。

29位 原幹恵(163センチ B94・W61・H88)

 一時よりはグラビアのペースは落ちているが、それでも、発表されるのは常にハイクラスのものばかり。これぞ横綱相撲を見せつける。

30位 犬童美乃梨(158センチ B88・W59・H84)

 ブログのタイトルではないが「みのりある人生」を着々と歩んでいる。キュートな笑顔も、脱いだらすごいボディも、皆が大好きだ。

31位 安枝瞳(159センチ B87・W61・H95)

 グラビア界の一大勢力となりつつある「尻職人」の急先鋒。バックのポーズだけでなく、前を向いてもギラギラに燃えているのだ。

32位 菜乃花(160センチ B90.58・H86)

 かつて、細川ふみえの代名詞だった「眼帯ブラ」を復活させ、トレードマークにまで昇華。刺激的なものが蘇るのは大歓迎である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
2
日テレ水卜麻美、ブラウスから色白“Eバスト”こぼれ出た「早朝大サービス」!
3
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
4
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?
5
山本舞香“浪費癖と奢られ嫌い”発言で懸念される伊藤健太郎との“貢ぎ関係”