芸能

1分間で腕立て伏せ100回!EXILEの超絶ボディにスタジオから悲鳴があがった!

20160720exile

 EXILEのメンバーらが鍛え上げられた肉体の超絶さを見せつけ、スタジオの観覧ゲストに悲鳴を上げさせた。7月18日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ)にEXILE、劇団EXILE、GENERATIONSから計8人がゲスト出演。「1分間にできる腕立て伏せの回数」について、全員が50~100回という数字を自己申告したことで、実際にその場で検証することになったのである。テレビ誌のライターが説明する。

「生検証する前は、司会の上田晋也らが半信半疑の表情を見せていました。ところがEXILE・黒木啓司が100回、劇団EXILE・鈴木伸之が72回、同・青柳翔が87回、GENERATIONS・佐野玲於が116回という凄まじい数字を叩きだすと空気は一変。番組観覧の一般客からは悲鳴のような歓声が沸き起こり、上田も半ばあきれ顔ながら驚きを隠せなかったのです」

 そんなEXILEらに対し、ネット上では「腕をまっすぐに伸ばさないのはインチキだ!」との批判も噴出。たしかに世間一般でイメージされる腕立て伏せとは異なる形だったのは確かだ。だがスポーツライターはそれらの批判にこう答える。

「そもそも激しいダンスが主体のEXILEにおいて、腕立て伏せの目的は腕力を付けることではなく、腹筋や背筋の持久力と瞬発力の向上にあるはず。彼らの腕立て伏せはその目的に適っており、その効果はキレイに割れた腹筋を見れば明らかです。しかも重要なポイントは、自己申告の回数とスタジオで披露した回数がほぼ一致していること。彼らが普段からこの種のトレーニングを実践しており、自分たちの肉体を熟知していることの表われですね」

 EXILE流の腕立て伏せを批判する人は、ぜひ同じ方法で1分間に何回できるのかを試してみるべきだろう。自分で実践してみた時に、彼らの肉体がいかに凄いのかを実感できるはずだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方