芸能

若槻千夏、劣化が加速して44歳アスリートよりセーラー服姿が似合ってない!

20160720wakatsuki

 7月18日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)にて、今年32歳を迎えた若槻千夏の劣化ぶりが赤裸々に明かされた。

 同番組では女性ゲストにセーラー服を着せることが恒例。若槻と共演したのは19歳で女優の小芝風花、44歳でスピードスケート五輪銅メダリストの岡崎朋美、そして69歳のベテラン女優あき竹城だったが、女性陣4人のなかで若槻の見た目が最も厳しかったというのである。テレビ誌のライターが語る。

「昨年まで女子高生だった小芝や、老齢ゆえにそのコミカルさがハマっていた竹城に対し、若槻のセーラー服姿には無理がありすぎました。トレードマークの銀髪は若作りに見えてしまい、肌質も厚化粧なのが明らか。夜のお店の制服コスだとしても、お客さんが引きかねないほどの厳しさを露呈していましたね。20代のころは若者ファッションの牽引役で、今で言えばきゃりーぱみゅぱみゅのような影響力を誇っていたのに、それがすでに遠い昔のことだと実感せざるを得なかったのです」

 ただ見た目の厳しさで言えば、44歳にして髪型を二つ結びのお下げにしていた岡崎も相当なものだったはず。だがテレビ誌のライターはこんな見方を示す。

「岡崎に関しては、いい年の取り方をしていると感じた視聴者も多かったはずです。番組中は笑顔を絶やさず、1998年の長野五輪で全国を魅了した『朋美スマイル』が健在なことをアピール。もともと目鼻立ちがクッキリした顔つきなので、化粧で無理やりカバーしている様子もなく、年齢相応の美貌を発揮していました。番組では手前に岡崎、奥に若槻と二人が一緒に映る場面も多かったのですが、その並びだと岡崎のほうが明らかに輝いて見えましたね」

 得意のトークでは円熟味すら加わってきたものの、ルックス面では加齢による衰えを隠しきれない若槻。今回の「しくじり先生」では、アスリート界きっての美人と共演したことが大きな誤算だったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…