芸能

藤原紀香 舞台「南太平洋」で上チチ揺らしまくりの公然大ハッスルステージ!

20160728a

 藤原紀香(45)が主演舞台で新妻であることを忘れさせる大ハッスル! 豊かなバストをプルンプルンと揺らしに揺らせば、あまりの開けっぴろげた姿は波紋すら広げ‥‥。

 揺れる。手を伸ばせば触れられるほどの近距離で“紀パイ”がタプタプと波打っているのだ。舞台の幕が上がると、ボディラインが際立つタイトなカーキ色の軍服をまとい、袖から駆け足で現れた紀香。動きに合わせ、胸が縦横無尽に暴れ、服を突き破りそうだ。舞台中央で正面を向くとパックリと開かれた胸元とご対面。谷間だけでなく、豊満なバストの上半分が惜しげもなく顔をのぞかせていた。

 紀香が久しぶりの大胆露出を見せているのは、全国公演中のミュージカル「南太平洋」(7月10日まで東京・新国立劇場ほか)。第二次世界大戦中、とある島を舞台におてんばな従軍看護婦の恋愛模様を描いている。最大の見どころは紀香の生チチに特化した構成になっていること。共演女性の胸元が一切封印されていることとは対照的に、紀香の衣装だけ全てが胸元全開。赤と白のボーダー水着、紫色のドレス、背中に羽があるキャバレー衣装。冒頭の駆け足だけでなく、歌にダンスに、激しく動くたびにこぼれ落ちそうな胸元が気になってしようがない。

 そのコンセプトはクライマックスでも容赦なし。別所哲也が演じる男から愛を告げられ、紀香は後ろから強く抱き締められる。観客の視線は愛を語り合う2人の顔‥‥ではなく、またもや胸元に! なんと、別所の両腕が紀香の下チチをリフトアップ。乳輪がのぞく寸前までオッパイを露出させるのだ。ただし、サービス精神満点の一方で、批判的な声も上がっている。

「胸をいたずらに強調していましたからね。女性客が大半のミュージカルには、そぐわないでしょう。何より問題なのが、この舞台を見た梨園関係者が『何なんだ、あいつは!』と激怒していました」(芸能関係者)

 結果、9月28日に予定されている、歌舞伎俳優・片岡愛之助(44)との挙式にも暗雲が垂れ込めている。7月6日の公開稽古後、愛之助との仲を問われても紀香は「幸せです」と話すにとどめているのだ。

「今回の舞台の仕事で梨園との関係は悪化してます。梨園の妻となるにもかかわらず、長期間の舞台仕事を入れ、礼儀作法を学ぶ時間がない。今は愛之助がかばってくれているようですが、衝突も時間の問題です」(スポーツ紙・演劇担当記者)

 さらには、芸能界からもレッドカードが──。

「紀香は長年支援してもらってきた、芸能界の大物に入籍報告をしていなかったんです。これで大物が大激怒。もともと遊び人・愛之助との交際に反対してたこともあって『もう紀香の会見なんか行かなくていい』と、周囲に伝達。芸能界の後ろ盾を失いつつある」(前出・芸能関係者)

 だが、「女優・藤原紀香」をやめる気はなく‥‥。

「そのためヌードなど一部の仕事以外は断らない状況。事務所は腫れ物扱いで半ば放任ですが、管理するはずのマネージャーも紀香には頭が上がらず、彼女は気に入った仕事を請け放題なんです」(前出・芸能関係者)

 梨園妻として、自身の向上心を胸に秘めることなどとうていできず、どうやら紀パイは人前で披露するためにあるようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
W杯直前にフジテレビがまたしても“非国民的”失態やらかしネット大荒れ!
2
アキラ100%よりヤバい?「嫌いな芸人」ランキングでガチにアウトな芸人とは
3
NEWS手越祐也にも「未成年」女性との飲酒報道も世間が全然驚かないワケ
4
キムタク新ドラマ「星降るレストラン」の役柄に世間は「もう飽きた」の声
5
半同棲に発展!?ワンオクTaka、芸能界最強ボディの浅田舞と結婚の可能性