スポーツ

リオ直前!あの「五輪ヒロイン」が語る灼熱の激闘秘話!(4)「体操・信田美帆<ソウル>」

20160804j-2

 体操選手としてだけでなく、歌手としても脚光を浴びた信田美帆(44)。そのキャリアは五輪経験者でも特異な部類だが、今また、体操への回帰を果たした。

── 86年の全日本体操選手権を史上最年少記録(14歳)で制し、勢いのままに88年のソウル五輪に出場。16歳での初五輪とは?

信田 五輪自体は正直、メダルは難しいから、思い切りやれて、それほど緊張しませんでした。むしろ、出場を賭けた前年の世界選手権のほうが「もし、私がミスしたら‥‥」とプレッシャーでしたね。

── このソウルあたりから「五輪を楽しみたい」と口にする選手が増え、気質の違いと言われましたが。

信田 中学を出てすぐくらいの、右も左もわからない状態。楽しむ余裕はなかったです。その点、男子の池谷幸雄さんは、一生懸命に競技をしながらも、どこか楽しんでいらして、ハートが強いんだなと思いました。

── 結果的にはソウルが「最初で最後の五輪」ということに。

信田 そうですね、大学生になってから活躍していなかったので、自然と体操以外のほうに目が向いていったんだと思います。

── 98年には巨人軍のマスコットガールズである「ファイヤーガールズ」に選出。グラウンドでバック宙などを決めて大歓声を浴びていましたね。

信田 そして歌手になりたいという夢をかなえてくれたのが、99年にデビューした「太陽とシスコムーン」でした。私は小さい頃から体操というレールの上で守られてきて、初めて社会に出て何かをやりたいと思ったのが、このユニットのオーディションでした。

── つんく♂プロデュースのもと、本格的なボーカルとダンスで「ガタメキラ」などヒット曲も多かった。翌00年には解散になりましたが、メンバーとの交流は今もありますか?

信田 よく会いますが、1年前にトークライブがあって、久々に公式の場で4人がそろったんですよ。RuRuは中国出身だから日本語は忘れちゃったかなと心配したけど、普通にしゃべれたので、さすがだなと思いました。

── その後は体操の指導も再開させ、12年のロンドンに出場した田中理恵の振付けを担当したと伝えられました。

信田 母校の日体大でダンスレッスンを定期的にやっていて、選手の曲のイメージで、この先生がいいだろうと組み合わされるんです。それで彼女の「床」の演技を担当することになって。

── 田中理恵の人気は抜群でしたけど、教えてみてどうでした?

信田 彼女は大学院を修了した年にオリンピックに出ていますが、その年齢もあって、今までの日本の体操選手にない大人っぽくて女性らしい体つき。それを生かすような振付けということを意識しました。昔と違って「床」も芸術競技の要素が強いので、私自身がパフォーマーとして見せる経験を積んだのは強味だったと思います。

── さらに近年は体操のコーチとして、幅広い層に教えているとか。

信田 小さい子からお年寄りの方まで、子供たちには怖いお姉さんと思われながら(笑)、教えていますよ。あとは‥‥いい縁があれば独身生活にも終止符を打ちたいですね。

── グッドラックを!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?
2
高橋真麻、視聴者が絶賛した「ZOZO前澤氏ツイッター休止」への痛烈指摘!
3
ダレノガレ明美「ドナー登録呼びかけ」への批判が“特に厳しかった”理由
4
清水富美加と結婚させられそうになった!?大川隆法長男「独白」報道の衝撃
5
「四大陸選手権優勝」宇野昌磨、ファンをキュンキュンさせた「疲労困憊」画像!