スポーツ

内村航平の「ヨレヨレ着地」と「ショボい実況」で金メダルの瞬間が放送できない!?

20160810uchimura-2

 リオ五輪の男子体操団体で日本がアテネ五輪以来、3大会ぶりの金メダルに輝いた。個人では無敵を誇った体操界のキング・内村航平の“悲願”がついに叶った瞬間だった。

 日本中が歓喜した体操ニッポンの復活だが、スポーツ番組関係者は「ちょっと残念だった」と表情が浮かないようだ。いったいどういうことなのか?

「予選4位と出遅れた日本が徐々に追い上げて、最終種目の床運動では『ひねり王子』白井健三が16点台を叩きだし、最終演技者の内村は事故レベルのミスさえなければ優勝は確実という状況でした。最後の跳躍、内村もこの着地はテレビで繰り返し放送されるのを意識しているような空気もありました。しかし、着地は1歩…そして2歩と動き、踏み止まろうとした内村はへっぴり腰に。大きなミスというわけではないですが、せめて1歩で止めてもらえればまだ“使える”映像だったのですが‥‥」

 さらに、実況もよくなかったという。五輪の名実況といえば、28年ぶりの金メダルを獲得したアテネの体操男子団体決勝で、刈屋富士雄アナが最後の演技者、冨田洋之のフィニッシュに合わせた「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ!」が思い出される。そのセリフに合わせるように、冨田はピタリと着地を決め、美しすぎる映像が完成した。前出のスポーツ番組関係者が続ける。

「あの最終場面、今回も名実況が飛び出すのではないかと期待していましたし、実況アナもおそらく狙っていたような“間”を感じました。しかし、狙いすぎて何も逆に浮かんで来なかったのか、『想い続けた団体金メダル。内村航平、金メダルへの着地‥‥』という平凡なものだった。しかも、ヨレヨレと2歩動いた後で『決まりました!』と叫んでしまった。これには視聴者どころか内村本人も『決まってねえよ!』と突っ込みたくなるはず。結果、多くの報道番組やスポーツニュースでは2歩目のところや『決まりました』の部分に逆転金メダルの立役者となった白井が見守る顔を差し込み、ごまかしていました。今後ずっと使われ続けるシーンだっただけに、内村にはピシッと着地を決めてもらいたかったですね」

 バラエティーとは違い、テレビマンの都合どおりにはいかないのがスポーツの魅力。内村の金メダルへの貢献は揺るがないが、本人はこの映像が流れるたびに苦笑いするのかもしれない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!
5
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!