スポーツ

テレビ中継には映らなかった「リオ五輪」ウラ事件簿!(1)卓球女子団体3人の関係性

20160901k

 お家芸・柔道のメダル攻勢に歓喜し、レスリングでは快挙と大波乱が同時発生。そして体操陣はついに悲願達成──。日本代表選手が活躍を見せたリオ五輪では、決してテレビ中継されない「裏表彰台」の「黒メダリスト」も多数誕生していた。精鋭たちの「別の顔」が起こした「びっくり」事件を全レポート!

 ロンドン五輪の団体戦銀メダルに続き、2大会連続で表彰台に立った女子卓球代表。スポーツ紙デスクが振り返る。

「団体戦銅メダルが決まると、石川佳純(23)と福原愛(27)が伊藤美誠(15)を抱き寄せて歓喜する姿は感動的でしたが、実は現場のキャスターや記者が『エッ!?』と驚く不仲ぶり。開会式の時点でもう“事件”が起こっていましたから‥‥」

 個人戦は開会式2日後に始まるため、女子卓球陣は開会式不参加の予定だったが、なぜか福原だけが会場に。村上恭和監督(58)に「気分転換になる。五輪を感じたい。一度リセットして調整すれば大丈夫」と直訴してOKが出たものだった。五輪関係者が明かす。

「入場後、福原は個人コーチと伊藤を連れて台湾選手団を探しに行き、恋人の台湾代表卓球選手、江宏傑(27)に駆け寄った。江が福原を抱き寄せ、自撮りするほどのラブラブモード全開でした。その様子をスポーツ紙がスクープ撮。村上監督もこれが目的だとは思わなかったでしょうね。閉会式ならともかく、厳しい戦いを前にした選手とは思えない光景でした。翌日、石川は親しい関係者からスポーツ紙の写真を見せられると『エッ、これ何なの?』と厳しい表情に。『(試合が)終わってからにしてよ』という感じでした」

 選手村でも2人は別室で、福原は個人コーチと、石川は伊藤と一緒だった。

「伊藤は初の男子個人戦銅メダルを獲得した水谷隼(27)を『隼!』と呼び捨てにするほどものおじしないタイプで、周囲は『伊藤がいれば(石川と福原の)潤滑油になる』と考えていた。ところが、伊藤は団体戦の準決勝で敗れると『今日の負けは私(が原因)かなと思いました』と涙ぐんだ。まだ15歳の子にこんな発言をさせるとは‥‥石川と福原の微妙な関係が、ロンドン超え失敗の要因の一つでしょう」(前出・スポーツ紙デスク)

 おなじみの熱いキャラクターで、テレビ朝日のキャスターとして各競技を大いに盛り上げたのは、松岡修造(48)。その一方では、お粗末なエピソードも。

 大会序盤に松岡とテレ朝の撮影スタッフが体操男子団体の練習場所に訪れた際の出来事を、他局の関係者が振り返る。

「選手が練習しているそばで『松岡さんの立ち位置はこっちがいい』だの『内村選手をベストの位置で撮りたい』だの、撮影スタッフがうるさく、明らかに練習の邪魔になっていたんです。内村選手はじめ、他の選手たちもイライラした様子でしたが、そこでブチ切れたのが体操協会の関係者。『松岡さんが来ると練習に集中できない!』と一喝して取材拒否の姿勢を示し、現場が凍りつきました」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え