芸能

“六角精児がハマる”これが「呑み鉄」の醍醐味だ!(2)大胆にさびれているJRの駅

20160908k2nd

 そんな何もない田舎町では、民間鉄道とJRそれぞれの駅にも、その土地ならではの風情や哀愁を感じると言い、

「民鉄の駅は基本的に地元の人が使うので、こぢんまりと、ひなびている。JRは(第三セクターが作られたりして)栄えたあとにすたれ、地元の人が利用しなくなっているので、大胆にさびれています」

 そうして、呑み鉄として日本各地を鉄道で旅するうち、さぞや全国の駅弁を味わい尽くしているのでは、と思いきや、

「僕は列車に乗り込む際、駅弁は買いません。なぜかというと、ロケ弁当を食べすぎて嫌になっちゃったから。だから出発前はたいがいコンビニでチーカマやべビースターラーメン、魚肉ソーセージといった練り物、乾き物を調達します。よく『駅弁は何が好きですか?』と聞かれますが、基本的に、鉄道マニアの中には駅弁が好きというのはいないはず。駅弁を食べる時間があるのなら、モーターの音をずっと聴いていたいとかね。だから呑み鉄の僕も駅弁ではなく、ふだん食べ慣れているものをツマミに、酒を呑んで車窓を楽しむ。それも呑み鉄の極意です」

 そして夜は地元の居酒屋に入り、その土地ならではの肴をツマミに好きな焼酎を呑む、というわけだが、

「居酒屋選びは店構えとか暖簾の感じ、あとは(店先にある)メニューの書き方で選びますね。栃木駅の近くに武家屋敷みたいな店構えの居酒屋があって、入ってみたら普通の家の台所みたいなところだったこともありますが‥‥。で、『黒霧島』を頼んだら20分くらい出てこない。きっと店に置いてなくて、どこかに探しに行ったんでしょうね。他に客はいないし、帰るに帰れず、僕1人、ただ『黒霧島』を待っていたことを覚えています(笑)」

 いわゆる「名物」にはこだわらないのも、呑み鉄の流儀のようで、

「その土地の人々が食べているようなもの、例えば野菜をゆでただけとか、魚のみりん干しなんかがうまかったりする。ま、今の世の中、築地に行けばたいがいのものは食べられますが、やっぱり空が違う。空気が違う。それが食材をいっそうおいしくさせてくれるんでしょうねぇ」

 富山県の魚津に行った際には、居酒屋で白エビのかき揚げにハマって酒が止まらなくなり、気がつくと帰京する列車の予定時間に間に合わなくなったこともあった。

 大阪から鳥取へと至るJR特急「はまかぜ」に乗り、泊まるなら温泉地がいい、と途中下車して城崎温泉に降り立った時のこと。城崎温泉といえば、政務活動費をだまし取ったなどとして、有罪判決を受けたあの「号泣県議」の「カラ出張先」として有名になった場所だ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」