政治

民進党・蓮舫がひた隠す“チャラチャラ正体”を全暴露(1)追及は激しく、言い訳は静かに

20160922n1st

 9月15日、民進党の新代表を決める選挙が実施された。いち早く立候補を表明して、やる気満々の蓮舫氏が代表となったが、「二重国籍」の疑惑が選挙前に浮上。嘘と言い訳を重ねて釈明する姿に有権者はドッチラケムード。党の「顔」になっても隠し切れない、軽くてチャライ「正体」に今こそ迫る!

「31年前、誕生日が来る前だったので17歳でした。未成年だったので、父と東京で台湾籍の放棄手続きをしています」

 9月6日、地方遊説先の高松市で記者会見を開き、みずからの国籍を、こう説明したのは民進党の蓮舫代表代行(48)だ。岡田克也代表(63)の任期満了に伴い、次の民進党の代表選に立候補した。ライバル候補者は前原誠司元外相(54)、玉木雄一郎国対副委員長(47)。9月15日の臨時党大会に向けて選挙戦に入ったやさき、蓮舫氏に浮上したのが「二重国籍」疑惑だ。

 蓮舫氏は台湾人華僑の父・謝哲信氏と日本人の母・桂子氏の長女として1967年に東京で生まれた。「謝蓮舫」という名前で育ち、日本国籍を取得してからは「斉藤蓮舫」、94年にフリージャーナリストの村田信之氏と結婚して「村田蓮舫」に名前が変わった。

 9月3日に生放送で出演した「ウェークアップ! ぷらす」(日本テレビ系)で国籍の件を質問されると、

「生まれた時から日本人」

「(台湾)籍を抜いている」

 と完全否定。それが舌の根も乾かぬうちに冒頭の会見で台湾籍について、

「確認が取れていない」

 と、あっさり覆してしまったのだ。

 公職選挙法では、選挙管理委員会に届ける際に、戸籍抄本か謄本の提出が求められる。04年7月、第20回参院選で初出馬、計3回当選しているだけに、日本国籍を取得しているのは間違いない。問題は「台湾籍」の放棄である。そもそも台湾の国籍法では満20歳にならないと除籍できず、説明にブレが生じている。

 しかもここにきて出てきたのは、以前から二重国籍を自覚していた「証拠」だ。それは97年に月刊誌「CREA」(文藝春秋)の2月号に掲載されたインタビュー。当時、中国に留学していた蓮舫氏は、その理由をこう語っている。

〈自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました。〉

 7日にはフジテレビなどのインタビュー取材に対し、

「編集過程で『(台湾)籍だった』という部分が省かれた」

 と、自身が政敵を激しく追及する姿とは打って変わった、苦しい言い訳に終始。選挙ポスターでは「85年台湾籍から帰化」と書いており、虚偽の「経歴詐称」であれば、公選法第235条の虚偽事項の違反になる。

 政治評論家の浅川博忠氏もこう指摘した。

「党代表になったということは、衆議院選挙で勝って与党になれば総理大臣です。国籍の問題を抱えた状態で、中国と尖閣諸島を巡って緊張状態になった時、国民は信頼して指揮を任せられるのでしょうか。認識の甘さから窮地に追い込まれた蓮舫氏に、代表としての資格があるのか、しっかりと問われるべきです」

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【球界爆笑秘話】ボールがアレに当たって悶絶する捕手に長嶋茂雄が放った「まさかのオヤジギャグ」
2
事務所が猛抗議!「星野源W不倫10億円もみ消し」仰天暴露投稿に挙がった「NHK美女アナ」の名前
3
2試合33失点の歴史的惨敗!楽天・今江敏晃監督「打つ手なし」で「途中休養」カウントダウン
4
「ちょっと待って」と視聴者!由美かおる73歳の短すぎるスカートが真っ昼間にさく裂で「これ、ひざ上何センチ?」
5
元フジテレビ・久代萌美が「仕方なく妊娠発表」したのは「気になりすぎるネットニュース」があったから