芸能

「相模原の殺人犯を連想」オリラジ中田の「ヒトラー授業」を局員が問題視

20160920oriraji

 9月11日に放送された「しくじり先生presents 中田歴史塾」(テレビ朝日系)。

 同番組の前半では、オリエンタルラジオの中田敦彦が「戦争を起こした独裁者から教訓を学ぶ歴史学」と題してアドルフ・ヒトラーの半生を紹介した。

 ヒトラーが権力を握るまでの過程を解説し、独裁国家が戦争に突入する危険性を指摘するという、きわめて常識的な趣旨の同番組だが、意外やテレビ朝日の内部から激しい批判の声が上がっているという。

「家で観ていて『ヤバイんじゃないの』と感じたんですが、案の定、『なんであんな番組を放送したんだ』と言う同僚もいましたね」と語るのは、テレビ朝日の社員である。果たして「ヒトラー授業」の何が問題だったのだろうか?

「ナチス批判の体裁を採ってはいるものの、各所にナチス賛美とも捉えかねない演出があったんです。見た目からして、生徒役の高橋英樹さん、前園真聖さんらが着ている『中田歴史塾』の制服のデザインが、完全にナチスの軍服のパクリ。歴史塾のロゴマークも、明らかにハーケンクロイツを意識したものでした」

 デザインだけでなく、オリラジ中田の講義にも批判が──。

「『独裁者を生まないために』と言いつつも、終始、ヒトラーと自分を重ね合わせてしゃべっている。報道局の人間も『“ヒトラーの思想が降りてきた”相模原の19人殺害の犯人を連想した』と批判していましたよ」

 内部から激しい批判を受けている中田の「ヒトラー授業」。せっかく作った「ナチス風ロゴ」と「ナチス風制服」だが、今後使われる機会はないかもしれない。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
稲村亜美、雪中ドラム缶風呂に“タオル1枚”で隠し切れなかった「Eカップ」
2
“清純派”高橋ひかる、突如の「三角エリア見え」衣装で指摘された“ウラ事情”
3
貴島明日香“ドテ高”Yエリアが露わになった強風「突発事態」にファン騒然!
4
綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?
5
あわや放送事故!?高橋ひかる、「20分間スカート奥見え」の“騒然”瞬間とは