スポーツ

由伸監督はサービス精神ゼロ!?巨人、深刻ファン離れであの人に復帰ラブコールが

20161006kyojin

 セ・リーグでは広島が2位の巨人に17.5ゲーム差の大差をつけて優勝。一方、パ・リーグでは日ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返す大逆転劇を飾った。

 こうしたなか、セ・リーグの観客動員数は1384万8988人で、史上最多を更新。パ・リーグも日ハムが主催試合の観客動員数が2000万人を超えるなど、全体で見ても微増となった。

 巨人所属選手(当時)に端を発す「野球賭博問題」に揺れ、開幕も危ぶまれた今季のプロ野球だったが、結果的には大きな盛り上がりを見せることとなった。

 だが、今季セ・リーグ2位に終わった巨人の球団関係者は“ファン離れ”に強い危機感を募らせている。

「9月27日に東京ドームで行われた中日戦の入場者数は2万5397人と史上最低動員を更新した。来場者全員にレプリカユニホームを配ったが、内外野ともに空席が目立ちました」

 巨人は高橋由伸新監督のもと「一新」をスローガンにシーズンを戦ったが、エースの菅野智之が9失点KOされるなど不調。またチームの課題であった打線も貧打は解消されないまま、投打に精彩を欠いた。

「高橋監督もマスコミに多くを語らず、サービス精神はゼロ。しかも勝てない。これではファン離れはますます加速する一方です」(スポーツ紙記者)

 体たらくの巨人には不満の声が噴出しているという。前出の球団関係者が続ける。

「今の巨人はダメですよ。17.5ゲーム差を離されての2位は話にならない。ここからチームを再建するのはいばらの道です。由伸に監督を任せたのも時期尚早だった。しかし、適任者もいないのが現状だね」

 3年契約を結ぶ高橋監督は来季も続投するが、水面下では次期監督擁立の動きも始まっていると、前出のスポーツ紙記者は耳打ちする。

「本来なら松井秀喜が快諾してくれればいいのですが、ナベツネさんがいる間は100%ありえない。関係者の間では原辰徳元監督の“再登板”を熱望する声も聞かれます」

 球界の盟主・巨人が輝きを取り戻す日はいつになるのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
2
終盤でも視聴率が爆上げしない「あなたの番です」、“戦犯”は主人公の田中圭!?
3
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
4
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
5
「夫のピンク店通い」も笑い飛ばし…蒼井優“内助の功”に女性人気が爆上がり!