スポーツ

由伸監督はサービス精神ゼロ!?巨人、深刻ファン離れであの人に復帰ラブコールが

20161006kyojin

 セ・リーグでは広島が2位の巨人に17.5ゲーム差の大差をつけて優勝。一方、パ・リーグでは日ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返す大逆転劇を飾った。

 こうしたなか、セ・リーグの観客動員数は1384万8988人で、史上最多を更新。パ・リーグも日ハムが主催試合の観客動員数が2000万人を超えるなど、全体で見ても微増となった。

 巨人所属選手(当時)に端を発す「野球賭博問題」に揺れ、開幕も危ぶまれた今季のプロ野球だったが、結果的には大きな盛り上がりを見せることとなった。

 だが、今季セ・リーグ2位に終わった巨人の球団関係者は“ファン離れ”に強い危機感を募らせている。

「9月27日に東京ドームで行われた中日戦の入場者数は2万5397人と史上最低動員を更新した。来場者全員にレプリカユニホームを配ったが、内外野ともに空席が目立ちました」

 巨人は高橋由伸新監督のもと「一新」をスローガンにシーズンを戦ったが、エースの菅野智之が9失点KOされるなど不調。またチームの課題であった打線も貧打は解消されないまま、投打に精彩を欠いた。

「高橋監督もマスコミに多くを語らず、サービス精神はゼロ。しかも勝てない。これではファン離れはますます加速する一方です」(スポーツ紙記者)

 体たらくの巨人には不満の声が噴出しているという。前出の球団関係者が続ける。

「今の巨人はダメですよ。17.5ゲーム差を離されての2位は話にならない。ここからチームを再建するのはいばらの道です。由伸に監督を任せたのも時期尚早だった。しかし、適任者もいないのが現状だね」

 3年契約を結ぶ高橋監督は来季も続投するが、水面下では次期監督擁立の動きも始まっていると、前出のスポーツ紙記者は耳打ちする。

「本来なら松井秀喜が快諾してくれればいいのですが、ナベツネさんがいる間は100%ありえない。関係者の間では原辰徳元監督の“再登板”を熱望する声も聞かれます」

 球界の盟主・巨人が輝きを取り戻す日はいつになるのか。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋