芸能

芸能界「ヨゴレ美女」の山あり谷あり“サバイバル力”!(2)矢口真里はおバカキャラで業界的には重宝

20161027b

 一方、ベッキーと同じスキャンダルにまみれても、意外にも「これで潰れたら困る」とテレビ局幹部が身を案じていたのが、矢口真里(33)だった。芸能評論家の織田祐二氏が矢口のバラエティでの立ち位置を解説する。

「関係のあった男性が隠れていた『クローゼット』という言葉だけで笑いが取れます。陣内智則やFUJIWARAの藤本敏史にその言葉を振られ、『やめてくださいよー』と答える笑いのパターンまで作り上げています」

 なぜ矢口は再び受け入れられたのか。

「10代からバラエティ番組で体を張ってきて、現場のしきたりがわかっている。おまけに不倫騒動以降、ゲスい要求にも応じるようになったため、とても使いやすい。明るいバカを演じてくれますから」(民放局プロデューサー)

 10月9日に放送された「オール芸人お笑い謝肉祭」(TBS系)では、体のラインが浮き出るVネックの黒ボディスーツで登場。胸元から豊満な谷間をのぞかせながら、

「お尻は初めてです」

 と衝撃発言。台車に「よつんばいバック姿」で乗ると、お尻目がけての放水に思わず絶叫。びしょ濡れボディスーツは、矢口の熟れたバストをくっきりと浮き出させたのだった。なるほど、「使いやすい」と言わせるだけのヨゴレっぷりである。

「NGは『乳首だけは絶対、守る』と本人が言う『聖域』のみ。正確には、上からの谷間見せはOKですが、下チチ露出も、人気が低迷した時の『切り札』に取っておくとのことです。あとは、視聴者からのクレームを考えて、家族系CMスポンサー、そして1社提供の番組には出演しにくいぐらい。しばらくは安泰でしょう。本人は月給制のため、仕事量に見合うギャラが入らないことが不満のようですが」(事務所関係者)

 元モー娘といえば、8月8日に美容会社経営者との再婚を発表した加護亜依(28)も、ヨゴレ美女業界の一員となっているが、

「これを機にママタレ、バカタレで再起を図りたいようですが、過去の自殺未遂に暴行被害、離婚とネガティブな印象が強い。現状、テレビでは、深夜番組でも厳しいと言わざるをえません」(ベテラン放送作家)

 だが、そこに強力な支援者が登場した。前出・民放局プロデューサーが明かす。

「テレビのキャスティング会社役員がパトロン的な立場で『加護再生プロジェクト』を立ち上げ、動きだしています。懇意にしている放送作家らに『インターネットテレビで加護をメインにしたバラエティ番組を作りたいから企画書を作ってくれ』と声をかけている」

 新たな領域で再ブレイクするかも。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」