芸能

川谷絵音から浦沢直樹まで…ノミネートされずも真の流行語大賞は「ゲス不貞」?

20161104kawatani

 ベッキー&川谷絵音に始まり、狩野英孝、ファンキー加藤、三遊亭円楽‥‥、今年上半期の芸能界では「ゲス不貞」が流行語となるほどスキャンダル話題が尽きなかった。

「年末恒例の流行語大賞にノミネートされるのではないかという話もありましたが、授賞式の出席者がいないため取りやめになったそうです。とはいえ、出版界は芸能スキャンダルに事欠かず万々歳の年となりました」(芸能デスク)

 その後、不貞報道は芸能人以外にも飛び火した。

「いい例が、小倉優子と夫の菊池勲氏です。菊池氏は小倉の事務所後輩のアイドルと密会しているところを完全に張り込まれています。また、本来ノーマークのはずの漫画家・浦沢直樹氏と編集者のW不貞がバレてしまったのも『ゲス不貞』という言葉がブームとなり、週刊誌ネタとして売れる時期だからこそ発覚した。密会現場を完全に押さえられたのは、確実な情報の出所があったからにほかなりません。おそらくは身内やかなり近しい人物からではないでしょうか」(週刊誌記者)

 不貞報道であふれかえった2016年。あと2カ月だけは一般人といえど、不貞には注意したほうが良さそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
2
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
3
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
4
長瀬智也の「地獄で会いましょう」ジャニー社長追悼に込められた“ケジメ”
5
すでに練習開始?24時間テレビ、未発表の走者に浮上した「最近激ヤセ」アナ