政治

米・トランプ大統領が「第3次世界大戦」を引き起こす日!(2)決めゼリフは「お前はクビだ!」

20161124a2nd

 来年1月20日に就任式が行われ、まず4年間の任期のスタートを切るトランプ氏。日本や世界にとって「脅威」の存在になったが、その来歴をひもとくと素顔が見えてくる。

 1946年ニューヨーク生まれ。不動産開発業者を営む両親の下、ペンシルベニア大学在学中から父親の不動産会社を手伝い、実業家の道に進んだ。不動産王としてカジノやゴルフコースの建設、ニューヨークの「トランプタワー」など超高級物件を所有する。

「トランプ氏の知名度を一躍全米に広めたのは、04年にテレビの人気リアリティ番組『アプレンティス』で司会を務めてから。番組内で出演者に対して、『お前はクビだ!』と言う決めゼリフは、流行語になりました」(米国在住ジャーナリスト)

 トランプ氏の奇抜な髪形も選挙戦では注目の的となる。サウスカロライナ州で行われた集会では、聴衆の女性に髪を引っ張らせたあと、

「私はカツラを着けていない。これは自分の髪だ!」

 と高らかに宣言。さらにトランプ氏が大統領選に名乗りを上げてから、「わいせつ発言」も話題になった。

 昨年8月、テレビの討論会で厳しい質問を浴びせてきた女性司会者について後日、こうコメントしている。

「彼女の目は血走っていた。その他のところからも血が出ていた」

 月経を思わせたことで非難が集まり、慌てて自身のツイッターで釈明に追われた。また、大統領選の1カ月前には、ワシントン・ポストが「爆弾動画」をスクープ。トランプ氏が女性に対して、下品な発言をしていたことが暴露された。

「05年にトランプ氏が番組の司会者と交わした会話が収められていました。人妻と性的関係を持とうとしたことを自慢するなど、赤裸々に語られていたのです」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 録音されたトランプ氏の会話には、

「彼女にモーションかけたんだけど、うまくいかなかったんだ。ヤろうとしたんだけど、向こうは結婚していた。激しくアプローチしたんだ」

「いきなりキスしだすんだ。全然待たない。それにこっちがスターだと、向こうはヤラせてくれる」

「俺は金持ちで有名人だから、プッシーを触ることなんて簡単にできる」

「プッシー」とは、女性器の俗語であり、ひどい言葉である。これを受けてトランプ氏は声明を発表。

〈これはロッカールームでの冗談。ビル・クリントンは不倫を実行したからもっとひどい。不快に思った人には謝りたい〉

 選挙戦で致命傷になりかねない発言を公開されても、トランプ氏の強気が揺らぐことはなかった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子、”歩くか夜の営みしか運動しない”報道で“岡村との過去”が再燃!
2
小百合様も登場、日本の芸能史を飾った「バスト大事件」とは?
3
水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増
4
「思い上がるな!」東出昌大の奔放生活に激怒した上沼恵美子への称賛
5
尾野真千子、「Fバスト口技」熟テクの圧巻!(終)「前張りなしマッパ」で“慰め行為”