政治

米・トランプ大統領が「第3次世界大戦」を引き起こす日!(2)決めゼリフは「お前はクビだ!」

20161124a2nd

 来年1月20日に就任式が行われ、まず4年間の任期のスタートを切るトランプ氏。日本や世界にとって「脅威」の存在になったが、その来歴をひもとくと素顔が見えてくる。

 1946年ニューヨーク生まれ。不動産開発業者を営む両親の下、ペンシルベニア大学在学中から父親の不動産会社を手伝い、実業家の道に進んだ。不動産王としてカジノやゴルフコースの建設、ニューヨークの「トランプタワー」など超高級物件を所有する。

「トランプ氏の知名度を一躍全米に広めたのは、04年にテレビの人気リアリティ番組『アプレンティス』で司会を務めてから。番組内で出演者に対して、『お前はクビだ!』と言う決めゼリフは、流行語になりました」(米国在住ジャーナリスト)

 トランプ氏の奇抜な髪形も選挙戦では注目の的となる。サウスカロライナ州で行われた集会では、聴衆の女性に髪を引っ張らせたあと、

「私はカツラを着けていない。これは自分の髪だ!」

 と高らかに宣言。さらにトランプ氏が大統領選に名乗りを上げてから、「わいせつ発言」も話題になった。

 昨年8月、テレビの討論会で厳しい質問を浴びせてきた女性司会者について後日、こうコメントしている。

「彼女の目は血走っていた。その他のところからも血が出ていた」

 月経を思わせたことで非難が集まり、慌てて自身のツイッターで釈明に追われた。また、大統領選の1カ月前には、ワシントン・ポストが「爆弾動画」をスクープ。トランプ氏が女性に対して、下品な発言をしていたことが暴露された。

「05年にトランプ氏が番組の司会者と交わした会話が収められていました。人妻と性的関係を持とうとしたことを自慢するなど、赤裸々に語られていたのです」(前出・米国在住ジャーナリスト)

 録音されたトランプ氏の会話には、

「彼女にモーションかけたんだけど、うまくいかなかったんだ。ヤろうとしたんだけど、向こうは結婚していた。激しくアプローチしたんだ」

「いきなりキスしだすんだ。全然待たない。それにこっちがスターだと、向こうはヤラせてくれる」

「俺は金持ちで有名人だから、プッシーを触ることなんて簡単にできる」

「プッシー」とは、女性器の俗語であり、ひどい言葉である。これを受けてトランプ氏は声明を発表。

〈これはロッカールームでの冗談。ビル・クリントンは不倫を実行したからもっとひどい。不快に思った人には謝りたい〉

 選挙戦で致命傷になりかねない発言を公開されても、トランプ氏の強気が揺らぐことはなかった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
2
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
3
マギーがニット姿でも背中見え!?史上最強「チェリーを殺すセーター」爆誕
4
里田まい、田中将大とのツーショットに触れてヤケドした矢口真里との明と暗
5
共演者を泣かせたことも!タピオカ騒動「木下優樹菜のブチギレ癖」とは?