芸能

二階堂ふみ 慶應大学が事件多発の裏で講義出席拒否の真相(2)常に視界に入るように雑誌を置いた

20161201a2nd

 二階堂は大河ドラマ「平清盛」「軍師官兵衛」に出演した実績を持つ若手女優の代表格にして、ラブシーンもいとわない女優根性の持ち主。今年は主演映画「蜜のあわれ」(ファントム・フィルム)で「今夜、私の初夜だから大事にしてちょうだい」「そんなに強くイジッちゃダメ」と扇情的な演技を披露した。さらに公開中の映画「SCOOP!」(東宝)では、福山雅治(47)とのカラミに挑戦。服を脱ぎ捨て、水色のランジェリー姿の二階堂が現れると、唇を貪り合う。福山に耳、太腿をいやらしく舐め回されると、感じたことのない女の喜びを爆発させたのだ。

 そんな「艶技派」女優のあられもないポーズ連発のグラビアページだけに、男子学生たちが興奮するのもむべなるかな、である。

「始業直前に教室に入ってきた二階堂は、いつものようにマスクで口を覆っていました。入り口とは反対側の隅の席に座ろうとすると、男子学生たちがざわめきたったんです」(同級生の男子学生)

 机の上の雑誌はこれ見よがしに、二階堂が気づくように置かれている。学生たちはスケベな視線を投げかけながら、口々にこう言った。

「エロいよな」

「こんな体してるんだ」

 この「言葉責め」を前出・同級生が振り返る。

「明らかに本人に聞こえるように騒いでいました。他にも『胸はD(カップ)はあるだろ!』や『どこを写真修整しているのかな』と言いながら『プレイボーイ』と本人を見比べる学生もいましたね」

 授業中も喧騒は収まらず、一部の生徒が机の上に「プレイボーイ」を置きながら授業を受ける始末。

「常に二階堂の視界に入るように置かれていました」(前出・同級生)

 仕事を全て自分で選ぶという二階堂の基準は「おもしろいか」と「芸術的か」だといい、

「濡れ場もいとわないのはあくまでも表現の一環として。作品のために必要なら乳首を出す覚悟もあると言われる二階堂にとって、ただ単に性の対象として(グラビアを)評価され、ニヤニヤと見られるのは耐えがたいことです」(芸能関係者)

 グラビアに込められた「意図」などつゆ知らず、ひたすら「挑発的」な言葉責めを連発する男子学生に、二階堂はイラダチを見せる。授業終了後も変わらず教室の出入り口付近で二階堂のセクシーボディの論評を続けるその脇を通り過ぎようとした時、

「『チッ!』と舌打ちするような音が聞こえました」(前出・同級生)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
2
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
3
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
4
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
5
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…