芸能

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(2)高畑裕太の「歯ブラシ持ってきて」はホテル業界の隠語に…

20161208g

 続いて事件・社会部門へ。9月に映画ロケ先の前橋のホテルで女性従業員への暴行で逮捕されたのが高畑裕太(23)。「歯ブラシ持ってきて」と注文するや、部屋に誘い込んだという。

「被害者と示談し、不起訴処分になったので詳しいことはわかりませんが、騒動で迷惑をかけた人への謝罪会見で報道陣をにらみつける顔が怖かった。感情を抑えるのが苦手なタイプだ、ということがよくわかりました」(掟氏)

 性犯罪は芸能人には致命傷。極楽・山本圭壱も吉本復帰まで10年かかった。

「復活した日活ロマンポルノで連続強姦魔役を演じれば、誰もが納得するのでは。ちなみに僕も地方ロケの宿泊先のフロントで『歯ブラシ持ってきて』と言ったら、40代の従業員に苦笑されました。ホテル業界では、通じる隠語になったようです」(徳光氏)

 7月参院選で「医療用大麻解禁」を訴えて出馬した高樹沙耶(53)は、その2カ月後に大麻所持で逮捕。フライング「解禁」となった。

「高樹さんは素直すぎるいい人なんだと思います。本来グレーにしておけばよかったのに、わざわざ立候補して市民運動までしてしまったのがそもそもの間違い」(前出・掟氏)

 こっそり石垣島で使っていればバレなかった!?

「バレたのは、家に帰って『大麻ー!』と言ったからでしょう。カラオケでもよく『別れの麻』を歌ってたらしいね」(デーブ氏)

 薬物逮捕で忘れてならないのは、2月に覚醒剤所持で逮捕された清原和博氏(49)。逮捕後、入手ルートに浮上したのが、北関東で売人にブツを卸していた「シャブばばあ」だった。

「2016年、いちばん心に刻まれたのがこれ。覚醒剤にまつわるあらゆるものを一刀両断にしてくれたというか、シャブまわりのダサさがこのひと言で表現されています。覚醒剤に憧れる人はいても、『シャブばばあ』に憧れる人はいないでしょう」(青木氏)

 この清原シャブ事件で、いきなり表舞台に返り咲いたのが巨人の元同僚の野村貴仁氏(47)だ。「清原を知りすぎた男」として、「清原と覚醒剤の関係」について、面妖なヒゲ面で自由闊達に語り騒動の輪を広げた。

「清原逮捕にはそれほどビックリしませんでしたが、グリーニー野村の暗躍にビックリ。彼こそ裏流行語界のダークホースです」(徳光氏)

 9月には暴露本まで出版した、野村氏の一人勝ちである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
5
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!