芸能

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(2)高畑裕太の「歯ブラシ持ってきて」はホテル業界の隠語に…

20161208g

 続いて事件・社会部門へ。9月に映画ロケ先の前橋のホテルで女性従業員への暴行で逮捕されたのが高畑裕太(23)。「歯ブラシ持ってきて」と注文するや、部屋に誘い込んだという。

「被害者と示談し、不起訴処分になったので詳しいことはわかりませんが、騒動で迷惑をかけた人への謝罪会見で報道陣をにらみつける顔が怖かった。感情を抑えるのが苦手なタイプだ、ということがよくわかりました」(掟氏)

 性犯罪は芸能人には致命傷。極楽・山本圭壱も吉本復帰まで10年かかった。

「復活した日活ロマンポルノで連続強姦魔役を演じれば、誰もが納得するのでは。ちなみに僕も地方ロケの宿泊先のフロントで『歯ブラシ持ってきて』と言ったら、40代の従業員に苦笑されました。ホテル業界では、通じる隠語になったようです」(徳光氏)

 7月参院選で「医療用大麻解禁」を訴えて出馬した高樹沙耶(53)は、その2カ月後に大麻所持で逮捕。フライング「解禁」となった。

「高樹さんは素直すぎるいい人なんだと思います。本来グレーにしておけばよかったのに、わざわざ立候補して市民運動までしてしまったのがそもそもの間違い」(前出・掟氏)

 こっそり石垣島で使っていればバレなかった!?

「バレたのは、家に帰って『大麻ー!』と言ったからでしょう。カラオケでもよく『別れの麻』を歌ってたらしいね」(デーブ氏)

 薬物逮捕で忘れてならないのは、2月に覚醒剤所持で逮捕された清原和博氏(49)。逮捕後、入手ルートに浮上したのが、北関東で売人にブツを卸していた「シャブばばあ」だった。

「2016年、いちばん心に刻まれたのがこれ。覚醒剤にまつわるあらゆるものを一刀両断にしてくれたというか、シャブまわりのダサさがこのひと言で表現されています。覚醒剤に憧れる人はいても、『シャブばばあ』に憧れる人はいないでしょう」(青木氏)

 この清原シャブ事件で、いきなり表舞台に返り咲いたのが巨人の元同僚の野村貴仁氏(47)だ。「清原を知りすぎた男」として、「清原と覚醒剤の関係」について、面妖なヒゲ面で自由闊達に語り騒動の輪を広げた。

「清原逮捕にはそれほどビックリしませんでしたが、グリーニー野村の暗躍にビックリ。彼こそ裏流行語界のダークホースです」(徳光氏)

 9月には暴露本まで出版した、野村氏の一人勝ちである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
3
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
4
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?
5
アンタッチャブル柴田“タメ口タレントってどうなの?”発言にネット大喝采