芸能

浅丘vs有村で来春開戦…朝ドラ参戦「テレ朝」も「NHKシルバー視聴者」強奪計画!(1)倉本聰が提案したテレ朝の「朝ドラ企画」

20161208p1st

 2016年の紅白歌合戦で、紅組司会に抜擢された有村架純(23)。来春のNHK朝ドラのヒロインを務める有村と真っ向勝負するのは、大女優・浅丘ルリ子(76)だ。その理由こそ、独占入手したテレビ朝日の「NHKシルバー視聴者」強奪計画である!

 映画「男はつらいよ」シリーズのリリー役で、最多マドンナとして出演した経歴を持つ浅丘。元祖マドンナ・浅丘と、来春スタートの朝ドラ新ヒロイン・有村が“バトル”する背景を、あるテレビ誌記者が解説する。

「今夏、テレビ朝日はシニア世代に向けた帯ドラマ枠『シルバータイムドラマ枠』を創設すると発表しました。その第一弾作品に浅丘さんは出演するのです」

 ドラマのタイトルは「やすらぎの郷」で、脚本は「北の国から」の倉本聰(81)。倉本御大みずから、テレ朝側に「ゴールデンタイムは若者向けのドラマが多く、大人が楽しめる作品が少ない。大人のためのドラマにしたい」と提案した企画である。

 いまだ、放送時間帯などは明らかにされていないのだが、倉本氏の「時間帯は朝6時半から7時半くらいがいいんじゃないか。朝から笑って元気に」の一声で、朝の時間帯に放送されることがひそかに内定した。

「倉本先生の意見を参考に、局がマーケティングを行ったところ、NHK朝ドラ放送前に当たるこの早朝からの時間帯に、手持ちぶさたになるシルバー視聴者が多くいることが明らかになりました」(テレ朝関係者)

「やすらぎ──」の放送開始は来春ということで、有村がヒロインを務める朝ドラ「ひよっこ」とのドラマ対決が始まる。そしてテレ朝は、明らかにNHKを意識していたのだ。

「15分ドラマではという企画提案もありましたが、それではNHKの朝ドラと一緒。倉本先生の『それより長くしたい』という意向もあり、月~金の放送で30分、2クールを予定しています。情報番組の間にドラマを挟むかなどは検討中です」(前出・テレ朝関係者)

 このドラマのヒロインが浅丘だ。主演は倉本氏を投影したシナリオライター役の石坂浩二(75)。女優陣は豪勢そのもので、加賀まりこ(72)、五月みどり(77)、野際陽子(80)、八千草薫(85)、有馬稲子(84)と往年の超有名どころが集う。

「ゴールデンのドラマよりお金がかかっています。局は、それくらい本気でこの帯を当てたいのです」(前出・テレ朝関係者)

 どんな倉本ドラマが朝から展開されるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!