芸能

浅丘vs有村で来春開戦…朝ドラ参戦「テレ朝」も「NHKシルバー視聴者」強奪計画!(1)倉本聰が提案したテレ朝の「朝ドラ企画」

20161208p1st

 2016年の紅白歌合戦で、紅組司会に抜擢された有村架純(23)。来春のNHK朝ドラのヒロインを務める有村と真っ向勝負するのは、大女優・浅丘ルリ子(76)だ。その理由こそ、独占入手したテレビ朝日の「NHKシルバー視聴者」強奪計画である!

 映画「男はつらいよ」シリーズのリリー役で、最多マドンナとして出演した経歴を持つ浅丘。元祖マドンナ・浅丘と、来春スタートの朝ドラ新ヒロイン・有村が“バトル”する背景を、あるテレビ誌記者が解説する。

「今夏、テレビ朝日はシニア世代に向けた帯ドラマ枠『シルバータイムドラマ枠』を創設すると発表しました。その第一弾作品に浅丘さんは出演するのです」

 ドラマのタイトルは「やすらぎの郷」で、脚本は「北の国から」の倉本聰(81)。倉本御大みずから、テレ朝側に「ゴールデンタイムは若者向けのドラマが多く、大人が楽しめる作品が少ない。大人のためのドラマにしたい」と提案した企画である。

 いまだ、放送時間帯などは明らかにされていないのだが、倉本氏の「時間帯は朝6時半から7時半くらいがいいんじゃないか。朝から笑って元気に」の一声で、朝の時間帯に放送されることがひそかに内定した。

「倉本先生の意見を参考に、局がマーケティングを行ったところ、NHK朝ドラ放送前に当たるこの早朝からの時間帯に、手持ちぶさたになるシルバー視聴者が多くいることが明らかになりました」(テレ朝関係者)

「やすらぎ──」の放送開始は来春ということで、有村がヒロインを務める朝ドラ「ひよっこ」とのドラマ対決が始まる。そしてテレ朝は、明らかにNHKを意識していたのだ。

「15分ドラマではという企画提案もありましたが、それではNHKの朝ドラと一緒。倉本先生の『それより長くしたい』という意向もあり、月~金の放送で30分、2クールを予定しています。情報番組の間にドラマを挟むかなどは検討中です」(前出・テレ朝関係者)

 このドラマのヒロインが浅丘だ。主演は倉本氏を投影したシナリオライター役の石坂浩二(75)。女優陣は豪勢そのもので、加賀まりこ(72)、五月みどり(77)、野際陽子(80)、八千草薫(85)、有馬稲子(84)と往年の超有名どころが集う。

「ゴールデンのドラマよりお金がかかっています。局は、それくらい本気でこの帯を当てたいのです」(前出・テレ朝関係者)

 どんな倉本ドラマが朝から展開されるのか──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
蛍原も興奮!納言・薄幸“隠れ爆裂バスト”と“やさぐれキャラ”の大ギャップ
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!