芸能

2016「アサ芸“裏”流行語大賞」!(3)舛添要一元都知事は間接的に地方再生に貢献?

20161208h

 政界を揺るがしたのは、前東京都知事・舛添要一氏(67)の政治資金の私的流用騒動だ。「厳しい第三者の目」で審査した末、ついに辞職に追い込まれた。

「不思議なもので、あれほど騒がれたのに覚えているのは『ゆったりたっぷりの~んびり』という、ホテル三日月のCMソングくらい。むしろ後任を決める都知事選に、『野党統一候補なら』と出馬表明した石田純一さん(62)のほうが記憶に残っています」(徳光氏)

 そのホテル三日月は騒動後に、大繁盛したというから、「地方再生」には貢献したようだ。

 舛添氏辞任後の都知事選に、統一候補で出馬したのは鳥越俊太郎氏(76)だった。しかし、選挙戦真っただ中に女性スキャンダルが飛び出す。過去、マスコミ志望の女子大生を別荘に誘い、「バージンだと病気だと思われるよ」と口説いたことが報じられた。

「ガンサバイバーの鳥越さんが、これほどまでに晩節を汚すことになるとは。私の周囲を見回しても、なかなか処女に巡り会う機会すらありません」(前出・徳光氏)

 こんなセリフを言えることが、うらやましいとか。掟氏もこの意見に追従する。

「最近は、30歳過ぎて処女の女性が増えているようです。大事に取っておきたくなる気持ちはわかりますが、遅れれば遅れるほど恥ずかしくなる。『処女喪失は早いほうがいい』という理論は、もしかすると正しいのかも。性教育は時代とともに移り変わる。夜ばいなどの風習が残っている世代の鳥越さんにすれば、ごく普通の発言だったのでは」

 この鳥越氏を「都民ファースト」で打ち砕いたのが「壊し屋」の異名を持つ小池百合子都知事(64)だ。

「小池さんは、お金よりも自己顕示欲の塊なんでしょう。選挙戦で『給料を半減する』と言うだけで、票が集まることを知っていた。都民の心情を理解したことで、結局のところ『百合子ファースト』に持っていったわけです」(前出・掟氏)

 その選挙戦では、石原慎太郎氏(84)が小池知事を「大年増の厚化粧」と罵詈雑言を浴びせる舌禍騒動もあった。

「小池さんは厚化粧ではなく、必要な量を使ってるだけ。もしもスッピンで来たら、SPが誰だかわからなくて、それこそ大変なことになっちゃうよ。もう冬だから『冬眠ファースト』にしてあげて」(デーブ氏)

 最後はアダルト部門から「陥没乳首」の高橋しょう子(23)がエントリー。

「感じると飛び出てくる、奥ゆかしい性格がにじみ出る乳首です。自意識過剰なデカ乳輪より、『飛び出てなくてスイマセン』という大和なでしこ的たたずまいがすばらしい! 陥没乳首こそが日本の宝と言えます」(前出・掟氏)

 乳首は顔ほどにモノを語るのだ。審査“淫”長を名乗り出た、前出のデーブ氏が総括する。

「今年を振り返るとSMAPがベッキー騒動で、ベッキーが清原騒動で、清原がショーンK騒動でホッと一息ついた1年だった気がしてきます」

 並みいる真っ黒な候補者たちを、ほっこり一掃した「ホラッチョ川上」が今年の裏流行語大賞に決定!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
2
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
3
鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?
4
デカすぎる!本田翼、美バスト披露でメイキング映像にアクセス殺到!
5
日テレ水卜麻美、リバウンド指摘もファンから上がった「歓喜の声」!