事件

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.8(1)愛する人のために…しかし、男は金だけ受け取り消え失せる

2016_60th_y-2

 1985年の阪神優勝とともに、関西発の事件が多かったのも80年代の特徴だった。その代表がここに紹介する3つの事件。欲と色が複雑に絡んだ事件に斬りこんだ。

 81年3月25日、三和銀行(当時)大阪茨木支店において1億3000万円の架空入金が発覚する。入金オンライン操作をしたのは預貯金係のI・M(当時32)。M子は当日午前「歯医者に行く」と言い残し銀行から外出、そのまま帰ってくることがなかった。14年間、真面目に働いてきたM子は周囲からの信頼が厚かった。だが、端末機や伝票記録を調べたところ、架空入金をしたのは姿を消したM子だった。

 その後、M子は1億3000万円のうち現金500万円を引き出しマニラへ逃亡したことが判明、さらに犯行はM子の単独ではなく、それを指示した恋人のM・T(当時35)の存在も明らかになっていく。

 では、M子はどんな女だったのか。81年10月1日号はこう伝えている。

〈府警詰め記者がいう。「刑事がふるいつきたいほどいい女やいうてましたから、男がいるとは思うてたんだけど、まさかこれほどまでとはねえ。とにかく、府警が把握している男友だちが40人、そのうち肉体関係のある男が10人おったというんやからね」〉

 妻子持ちの愛人Mと親密になったのは80年。Mは経営する会社が倒産を目前にしてM子に横領計画を持ちかける。

「マニラで日本料理屋を開こう」

 マニラでの再会を約束して二人は別れるのだが、5カ月待ったものの、Mは現れなかった。仕方なく、Mの友人、A氏を頼るが……。

 マニラではこのA氏の世話で長期滞在用アパートに宿泊。

「ただ、「ヤクザアパートなんていわれてましてね、この手のアパートの80%が日本からくる暴力団員に使われている」(同号)

 5カ月後、A氏の友人の通報で逮捕されるのだ。ところでM子とA氏の関係だが、

〈「あれだけの女が5カ月も男なしで暮らせるワケがないでしょ」(マニラ特派員)〉

 逮捕されたM子とMは法廷で睨み合うシーンもあったという。

カテゴリー: 事件   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明