事件

沈没船「財宝引き揚げ」10億円詐欺の狡猾手口!(1)インドネシア政府と契約済み

20161229c1st

 かつて多くの被害者を出して摘発された詐欺グループの残党が、ひそかに活動。さまざまな有名人の名前をかたって、新たな「事件」を起こしていた。会員からカネを集める際にはあろうことか、皇室との深い関係まで持ち出していたというのだから‥‥。

 長崎県の玄関口、長崎空港を有する人口9万人の街・長崎県大村市。大村湾を望む小高い丘にある民家に長崎県警の捜査員が「ガサ入れ」に入ったのは10月中旬のことだった。

「玄関前の通りに車が4、5台止まり、段ボールを持った人が出入りしていて。まさか、あれが家宅捜索やったとは」(近所の主婦)

 郵便受けに「ポーラースター」と記されたこの民家は、東京・渋谷区に本社を置く同社の九州営業所だった。登記簿によれば、同社は1975年設立。事業目的には〈美術品・骨董品等の売買に係る事業〉などのほか、〈沈没船・水中遺物・水中埋蔵物等の引揚げに係る事業〉と記されている。舞台となったのは、この「沈没船引き揚げ事業」だった。

 今年7月までに、ポーラースターから出資金をダマし取られたとして、複数の「被害者」が長崎県警大村署に告訴状を提出。県警と大村署による合同捜査が始まる。冒頭の九州営業所ほか、東京本社や関係各所への一斉家宅捜索が行われたのだ。捜査関係者によれば、

「現在、詐欺と出資法違反容疑の両面から捜査中で、関係各所から押収した証拠品を精査しているところです。年度末までの立件を視野に、捜査を進めています」

 まだ犯罪の事実が確定したわけではないにせよ、ガサ入れ、そして具体的な捜査がスタートした、れっきとした「事件」と言える。

 告訴状を出した佐賀県の会員女性・Aさん(60代)が、怒りもあらわに語る。

「私がポーラースターの代表を務める松田孝志という男を紹介されたのは、2012年の初頭。会社の応接室で、沈没船から財宝の積み荷を引き揚げるビデオ映像を見せられました。そして自社株を1株25万円で取得する形でこの事業に出資すれば、半年後には2倍になる、と持ちかけられました」

 松田氏は「すでに引き揚げられた財宝がインドネシアの倉庫に眠っている」として、Aさんに次のように説明を続けたという。

「そのあとも実際にインドネシア近海で引き揚げる船が決まっていて、3~10隻を予定している。引き揚げ作業のドキュメンタリー番組をドイツのテレビ局が制作し、世界中に配信する。その放映権もポーラースターが持つ。インドネシア政府との契約は済んでいて、財宝は中国政府の要人に太いパイプを持つ人物を通じ、名目上は中国への寄付という形で、実は中国側が買い取ることで話ができている。中国で美術館を造り財宝を展示すれば、20億円程度の金が入ることになる、と」

 そこでAさんは625万円で計25口を購入。ところが半年どころか、1年たっても1円の配当金もなく、

「松田は『相手は中国だから、なかなか予定どおりにいかない。必ず成功するからもう少し待ってくれ』と言う。そのあとも再三そんなやり取りがあり、結局、こちらが連絡しても電話に出なくなりました。そこで警察に相談し、告訴状を提出したのです」(前出・Aさん)

 ポーラースターの内情を知る関係者によれば、

「出資者は約1000人で、1人平均1000万円ぐらい。10億円は集めていると思います。現金2000万円を積んだ車をフェリーに乗せて長崎まで行った、熊本県の人もいました」

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」