芸能

2016年「神ってる艶美女」大賞!<映画・ドラマ部門>(1)矢吹春奈が綾野剛とのベッドシーンで…

20161222m

 振り返れば今年の芸能界は、スキャンダラスな1年だった。だが、視線を下げて見てみれば、鮮烈な艶濡れ場にあの手この手のサービスと、芸能美女たちの奮闘に思わず男性陣はニッコリ。というわけで、恒例「艶美女大賞」をむんむん発表!

 栄えある2016年艶美女大賞、ノミネート候補。まずは粒ぞろいの「映画・ドラマ部門」から。

 6月公開の「日本で一番悪い奴ら」(東映・日活)で、パーフェクトヌードで体当たりしたのが矢吹春奈(31)だ。映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が猛プッシュする。

「昭和臭漂う実録映画の中での完脱ぎ肉厚ヌードがすばらしい。綾野剛相手に胸をワシづかみされるシーンはかつて『極妻』でかたせ梨乃が世良公則にがっつり揉まれるシーンを彷彿させます。年齢を重ねれば、極妻の和装も似合うはず」

 矢吹の役柄はシャブ中のホステス。マル暴担当の刑事・綾野にラブホでベッドに押し倒されると、「こっちからがいいんでしょ」と背中の刺青を見せつけるように、よつんばいスタイルに変化。お尻を突き出してバックから貫かれ、歓喜の声を上げる、ホンバンさながらのセックスシーンは見応え十分だ。

 続いてライターの松井修氏が推すのは、瀬戸内寂聴氏が「子宮作家」と称された問題作の映画化「花芯」(クロックワークス)で初ヌードを披露した村川絵梨(29)である。

「今年最大の収穫です。村川は夫の上司と不倫する人妻役ですが、その内に秘めた本能のままの情欲が、村川の淫靡な表情と哀感漂う細い肢体で、みごとに表現されていた。村川は朝ドラのヒロインまでやったことがありながら地味な印象の女優ですが、その地味さがこの映画では妙に実感があってソソります」

 このフレッシュ濡れ場に対抗するのが、「無伴奏」(アークエンタテインメント)の成海璃子(24)。舞台は学生運動真っ盛りの60年代末、冒頭シーンで女子高生役の成海は教壇に立つと、「私たちは実にくだらない規則で縛られている」とアジり、「制服廃止」を訴える。上着、白ブラウスを脱ぎ去るとシュミーズ姿に。さらに、白ソックスを脱ぐために前屈した際には、シミちょろならぬ、胸チョロまでコボれ出るサービスシーンがあるのだ。

「冒頭の制服を脱ぐシーンにばかりに目が行きがちですが、合わせて斎藤工を相手に濡れ場を演じている遠藤新菜のヌードを見逃してはなりません。ハーフながら、意外にも和体形というギャップが妙に生々しい。今年のエロス新人賞に推したい」(前出・コトブキ氏)

 続いては、「ピンクとグレー」(アスミック・エース)で初艶技の夏帆(25)。

「今年最も驚いたのが、彼女の濡れ場です」

 と称賛を惜しまないのは、前出・松井氏である。

 松井氏が続ける。

「男に片脚を抱え上げられてガンガン突かれるカラミがあり、体の露出はあまりないものの、R指定にならないのが不思議なほど。10代から清純派一筋の感がありましたが、20代半ばを迎えて本格派女優へと転機を図った作品と言えます」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!