芸能

漫才を辞めてボロ儲け!勝ち組に転身した元芸人の儲け術とは?

20170109motogeinin

 年末年始に決まって引っぱりダコになる有名人といえば、手相芸人の島田秀平。引退した感がなぜか強いが、現役のピン芸人だ。収入は当然、芸人より手相占いのほうが上。最近では過去を振り返られることが少なくなったが、元は「号泣」という漫才師だ。お笑い雑誌の取材ライターはこう回想する。

「幼なじみの赤岡典明さんが元相方で、ツッコミ担当。でも、“島田の占いが当たる”というふれこみが芸能界で広まった07年あたりから、コンビ格差が生まれて、赤岡さんは芸能界を引退。8年前に、解散しました」

 その後も島田は右肩上がり。うだつの上がらなかった漫才をスパッと辞めたのが、成功のカギとなった。同じく、コンビ芸人を解散後、新たな道で花開いた者がいる。元「ジャリズム」のオモロー山下だ。

 元相方は、渡辺鐘。世界のナベアツとして、“3の倍数と3が付く数字のときだけアホになる”ネタで一世を風靡。現在は、桂三度として落語家に転身した。

「山下は、ナベアツさんが多忙になった時期に、大好きなうどんを食べ歩き。ついには自分で麺を打つようになりました。その熱心さに胸を打たれた今田耕司と雨上がり決死隊・宮迫博之が、それぞれ500万円を出資して、12年に東京・目黒に『山下本気うどん』をオープンさせました。芸人口コミが功を奏して、1000万円の借金は3年で返済。現在も繁盛しています」

 中途半端な漫才人生に別れを告げて、真の勝ち組となった2人。才能はどこに眠っているか、わからないものだ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鷲見玲奈アナ、テレ東退社秒読みで過激化する「生脚&爆胸見せ大サービス」!
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
R-1ぐらんぷりで大惨敗も「あの女芸人」が「ブレイク間近」と囁かれるワケ
4
水着の奥が見えそう!菜々緒の肌見せ動画に「チラっと見え」疑惑が浮上
5
「サンジャポ」卒業、西川史子“激痩せ”も指摘されたキャラ作りの苦悩