芸能

和田アキ子が歌手生活50周年をアピールするのはやっぱり紅白に出たいから?

20170112wada

 昨年末に出場を逃した「NHK紅白歌合戦」の批判を連発し、もはや紅白出場に未練はないと思わせた和田アキ子だが、年が明けてからは紅白に対する毒舌は封印。よもやの出場を狙っているのではないかと囁やかれている。

 紅白出場を逃した直後は、自身のラジオ番組で「今年は観たくない。日本を後にしたい」「早くほっておいてほしい」と恨み節を連発。紅白放送当日である大晦日には「何であんなに必死だったんだろう」と突き放したような発言をしていた。

「昨年の紅白は酷い構成とグダグダの進行だったと批判されていますが、和田の不在をその理由にあげる人も一部にいます。彼女がいればこうはならなかったはずだというわけです。それが和田の耳に入って『やはり私がいなければ』と出場に意欲を燃やし、批判をやめたのではないかとささやかれています」(芸能プロダクション幹部)

 1月7日放送の同ラジオでは、今年10月25日で歌手生活50周年であることについて聞かれ、「長ければいいというもんじゃない。私の歌手生活は何年ということじゃない」としながらも「声が出る限りは歌い続ける」と現役続行に意欲を見せた。

「10月で50周年ということをやたらと強調していて、その2カ月にある紅白を意識しているのを感じさせました。『和田がいないと』の世論の後押しと節目の年をアピールすることで、紅白復帰を狙っているのでしょう」(スポーツ紙デスク)

 紅白復帰に向けて、残るはヒット曲を生み出すことだけか‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
保坂尚希、故・西城秀樹への“無邪気発言”で「生放送に向いてない」大批判!
2
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
3
日テレアナも号泣! 長渕剛、“TOKIOのための熱唱”に感動する人々が続出
4
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
5
中村アン、主演ドラマ「ラブリラン」で“違和感&棒演技”も好感度上昇の理由