芸能

広瀬アリス&すず 美人姉妹の「うなぎ登り色香」徹底比較!(2)期待度では姉・アリスが上

20170126m2nd

 ワイドショースタッフが言う。

「すずの性格はマイペースで、『何も考えていない』と自他ともに認めるほどです。ポジティブ思考だと考えればかわいいものですが、一昨年に出演したバラエティ番組で、何の気なしに裏方のスタッフたちを軽視するような発言をして、バッシングされたこともあった。異性交遊に関しても、過去にプリクラ写真が流出して、3人ものジャニーズJr.と噂になっています。その際には『ラブホ』などの文字が入ったLINEのやり取りが流出したとの疑惑まであった。意外とサバサバしていて、素顔は肉食系なんです。対外的には純朴なイメージと私的な奔放さのギャップが大きいと波が立ちますからね。成田との恋が成就しないことも、どう影響が出てくるか」

 そんな周囲の心配もどこ吹く風か、女優・すずは絶好調。今年公開予定の主演映画だけでも3本ある。

 芸能評論家の三杉武氏が話す。

「14年に公開された映画『海街diary』(東宝、ギャガ)の演技から、一気にオファーが増えました。ただし、ドラマや映画、CMにと、明るく純粋無垢な役での抜擢が多く見受けられる。最近の若手女優は優等生タイプの清純派が多いので、プライベートも静かです。だからこそ、個性的な演技派の筆頭になってもいいのではないでしょうか。少しくらい私生活を楽しんでいるほうが、女優としてプラスに働く気がしますけどね」

 3月に公開予定の主演映画「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」(東宝)では、チアリーダーのコスチュームをまとい、ナマ脚でパンチラ、ヘソ出しのナマくびれを惜しげもなく披露し、笑顔で踊りまくる。

 出身地・静岡の名産のごとく、ますますエッチ度がうなぎ登りとなることを期待したい。

 一方の実姉・広瀬アリス(22)も、ここに来て本格派女優として飛躍の時を迎えているのだ。

 昨年、数々の映画賞を受賞した妹を持ち、たびたび比較されて悔しい思いをしてきたと思うが、姉妹の女優としての評価を映画評論家の秋本鉄次氏はこう話す。

「昨年公開された映画『怒り』(東宝)で、すずが抵抗むなしく米兵にレイプされて泣き叫ぶるシーンはすごかった。迫真の演技力とチャレンジは圧巻でした。同年代の若手女優で、あそこまでできる人はいないと思います。演技力では妹・すずのほうが一歩先をいっているのは明確でしょう。ただし、これからの期待度では、姉・アリスのほうが高いと感じます」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!