芸能

男がとろけた「芸能界・魔性の女」を徹底追跡!(3)男と女の十大事件簿

20170202q

 芸能人は俳優であれ歌手であれ、危険な魅力を発散するほうがいい。ただし、それによってスキャンダルが生じることも背中合わせであるが…。

 78年12月28日に猟銃で自ら命を絶った田宮二郎(享年43)は、晩年に山本陽子(74)と男女の関係にあったのではとささやかれた。山本は田宮没後の会見で否定したため、真相は藪の中。

 それから21年後、自宅で首をつったのが沖田浩之(享年36)である。沖田と山本は21歳差を超えて恋人宣言をしたこともあったが、くしくも山本は、2人の“関わったオトコ”を失ったことになる。

 こうした「死の連鎖」で共通するのは藤あや子(55)と荻野目慶子(52)の2人。

「藤あや子は20歳で結婚し、女児も産んだが、翌年に離婚。やがて元夫が自殺した。さらに藤のデビュー後には、不倫関係にあった担当ディレクターが藤の自宅で自殺するというショッキングな報道もありました」(芸能レポーター)

 荻野目は妻子持ちの映画監督と不倫に陥り、別れ話から監督は荻野目のマンションで首つり自殺。ようやく失意から立ち直った荻野目の復帰作を撮った深作欣二監督と、またもや愛人関係に陥っていく。

 荻野目は著書で、深作がガンに侵されながらも「抗ガン剤を使えばお前を抱けなくなる」と治療を拒否し、死期を早めたことを明かしている。

 魔性の女に死の影は付き物だが、自身があわやの危機に陥ったのは弘田三枝子(69)だ。77年1月25日、弘田は不倫相手の妻から背中を果物ナイフで3回、刺された。幸い、大事には至らなかったものの、芸能界を一時引退。渡米先で別の相手と不倫し、子供まで産んでしまう事態に。

 さて、魔性の女たちの「名言録」を拾ってみよう。91年には尾崎豊と、93年には川崎麻世との不倫が発覚した斉藤由貴(50)はポツリと言った。

「前の人とのことがあったにもかかわらず、学ばない人間なんだなと自分のことが悲しいです」

 結果的に糸井重里氏との略奪婚になった93年の樋口可南子(58)は「好きになった人に、たまたま奥さんがいた」と、夫に負けないコピーセンスを発揮。

 同じく真田広之との不倫が騒がれた95年の葉月里緒奈(41)も「奥さんがいても平気です」と言い放ったが、ほどなく破局へ。

 06年に国会議員との路上キスが発覚した山本モナ(40)は2年後、「不倫のようなことは2度としません」と宣言した直後に巨人・二岡智宏との「ラブホ不倫」が見つかってしまう。

 さて、恋多き女として知られる高岡早紀(44)は、こんなポリシーを豪語する。

「相手が(私を)100%嫌いでも好きにさせる」

 この自信がフェロモンの発生源となる。最後に若手女優で魔性を誇る蒼井優(31)の仰天エピソードを。

「個性派俳優の鈴木浩介と、蒼井が猛アタックして交際する仲に。鈴木は結婚を視野に入れてお互いの両親に挨拶し、月50万円で新居マンションのローンも組んだんです。ところが、そのとたんに『好きな人ができた』のメールだけで破局となりました」(前出・芸能レポーター)

 ただし、女優としての需要は高まるばかりだ‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
2
逮捕に涙でも…片瀬那奈、沢尻エリカと“クラブ同席動画”拡散の大トバッチリ!
3
痛々しいほど!桐谷美玲、体型の“激ヤバ変化”が「悲鳴モノ」
4
10億円「年末ジャンボ宝くじ」は「NHK紅白の法則」で確率2万倍アップ!
5
田中理恵、小さめTシャツで露わにした“ミルクタンク”胸の「ものスゴさ」!