芸能

追悼・松方弘樹「修羅の74年」烈しすぎる秘話!(3)後半生を愛する女に捧げた

20170209r3rd

 松方は78年に離婚した元モデルの女性との間に1男2女を、そして再婚相手となった仁科亜希子との間に1男1女をもうけた。松方にとっては三女となるタレントの仁科仁美は、84年10月31日の生まれである。

 千葉が、その事実に驚いたのは無理もない。

「私が知ったのはしばらく経ってからですが、私の息子と仁美さんは、2日しか生まれた日が違わなかったんです‥‥。同時期にそういうことがあったということは、奥さんも信じられなかったでしょう」

 松方は最初の妻との離婚の際に、当時の芸能界では破格の「3億円の慰謝料」を支払う。それから6年後の「隠し子誕生」であるが、松方は金銭面を含めて、きちんと向き合ってくれたと千葉は言う。

「息子が18歳になるまで、月30万円の養育費は欠かさず払ってくれました。それに、弁護士さんを通して何度か息子と会ってくれました。松方さんは再婚当時、かなり苦しくて『家の米びつにコメがないんだよ』とおっしゃってましたが、それもあって誰よりも働く人になったんでしょうね」

 千葉は松方とは20年ほど会っていないが、それでも、いつもよくしてもらったと感謝する。

 さて松方は、主演ドラマ「HOTEL」(90~98年、TBS系)で共演した女優・山本万里子と不倫関係になり、96年に仁科と離婚。非は完全に松方にあるため、再びほとんどの財産を失う形となる。

 さらに11年以降、大手事務所からの独立とともに、松方には逆風がたびたび吹き荒れた。その当時をよく知る所属事務所の関係者・A氏が、苦難の日々を明かしてくれた。

「大手事務所は、仁科さんとの離婚で金銭的に苦しかった松方さんに5000万円ほど貸していたんです。ところが、円満独立と思っていたら、いわゆる芸能界のドンから『それなら金は返してほしい』と。よくある話ですが、松方さんにしたら『これまでの仕事で相殺しているはず』と言い分が食い違ったんです」

 タイミングの悪いことに島田紳助が「暴力団との密接交遊により引退」となり、松方も、過去の組関係者との食事写真が取り沙汰されることになった。テレビ局によっては、松方を出入り禁止とする報道もされた。

「それでも松方さんは『大丈夫、大丈夫、仕事はいっぱいあるから』と平然としていた。ただ、どこへ営業をかけても『いずれ、また機会がある時に』と体よく断られましたねえ」(前出・A氏)

 松方はVシネの出演などで糊口をしのいでいたが、かつて1本あたり500万円は下らなかったギャラが、2本で500万、さらには「100万も出たらいいほう」と変化する。

「それでも松方さんは、パチンコや企業のパーティなどの営業をせっせとこなした。口ぐせのように山本さんを引き合いに出して『ウチのヤツのために働いている』と笑っていました」(前出・A氏)

 入籍こそしなかったが、後半生のすべてを愛する女に、そして映画の主役という本来の夢に捧げた。昭和がますます遠くなる名優の最期であった。合掌──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”