スポーツ

Jリーグに移籍の独代表10番“ルーカス・ポドルスキ”は「総額30億円」の極悪童!

20170209q

 シーズン開幕目前のJリーグで、久しぶりに大物外国人選手の移籍話が浮上している。が、総額30億円で獲得を目指すビッグネームは、相手だけではなく味方さえ恐怖する「危険人物」だった!

 J1初優勝を目指すヴィッセル神戸が獲得を目指しているのは、元ドイツ代表FWのルーカス・ポドルスキ(31)。1月26日現在、所属するトルコの名門ガラタサライとの交渉は最終局面を迎えている。

「移籍金600万ユーロ(約7億3500万円)、年俸800万ユーロ(約9億8000万円)プラス出来高ボーナス2年半契約で交渉が進められています」(スポーツ紙記者)

 神戸が破格の金額を払っても欲しいポドルスキは、ドイツ代表で129試合出場、歴代3位の48得点を記録したストライカーだ。スピードを生かした突破力と左足の強烈なシュート力を武器にW杯に3大会連続で出場。エースナンバー「10」を背負った14年ブラジル大会では、優勝も経験した。

「神戸のオーナーで楽天の三木谷浩史会長(51)は、プロ野球で日本一になったので、次はサッカーに本腰を入れています。神戸の初優勝を狙って、『大物を獲れるチャンスを逃すな』と獲得指令が出ています」(前出・スポーツ紙記者)

 獲得レースで争うライバルは、“爆買い”で次々と大物が参戦している中国リーグ。しかし、ポドルスキは大気汚染を嫌っているという。サッカージャーナリストの六川亨氏はこう話す。

「これまで欧州のビッグクラブを渡り歩き、実績と実力は折り紙付き。普通に力を発揮すれば活躍できるのですが、Jリーグになじめるのか心配です」

 これまでJリーグに参戦した大物外国人の中で、結果を残したのは一握り。10年南アW杯で得点王とMVPを獲得したディエゴ・フォルラン(37)でも、セレッソ大阪に加入したものの、期待外れで退団している。

「Jリーグは攻守の切り替えが早く、多くの外国人選手は戸惑います。実績十分のFWにも前線から守備をさせるので、『何で俺が走らなきゃいけないんだ!』と怒って監督と衝突するケースも見られる。特にポドルスキは守備をするタイプのFWではないので‥‥」(前出・六川氏)

 神戸の指揮を執るネルシーニョ監督(66)の話に耳を傾ければいいが、監督やチームメイトが手綱を握るのはそう簡単ではない。8年前に行われた南アW杯予選の対ウェールズ戦で、“事件”は起きた。

「途中交代を命じられた時、キャプテンのバラック(40)に戦術的な理由で注意されると、その瞬間、バラックの左頬を平手打ち。暴言を吐いてグラウンドを去りました」(サッカーライター)

“瞬間湯沸かし器”のごとくキレる極悪童に、味方は練習中もビクビクしている。

「ウオーミングアップのボール回しで、和気あいあいとした雰囲気だったんですが、ボールを取られると豹変。相手選手の足ごと殺人タックルを仕掛けて奪い返しました。その選手が流血して痛がっていても、ニヤッと笑っているだけでした」(前出・サッカーライター)

 それでもロッカールームではやんちゃなムードメーカーとして愛されるポドルスキは、日本の漫画「キャプテン翼」(集英社)の大ファン。試合で使用するすね当てには、同じストライカーの日向小次郎のイラストが描かれている。

 1月24日のトルコカップでは、先発出場すると左足だけで5ゴールと大暴れ。超一流選手の加入に、神戸サポーターの期待は膨らむところだが、手放しで喜べない事情もあった。13年前、神戸は02年日韓W杯で活躍したトルコ代表のイルハン(41)を総額12億円で獲得したが‥‥。

「膝の痛みで出場は3試合のみ。4カ月で無断帰国しました。神戸サポーターはイルハンの失敗を経験しているので、試合で結果を出すまでは安心できないのです」(前出・六川氏)

 実はポドルスキは、「ガラスのエース」の顔も持ち、これまで何度もケガで戦線離脱。総額30億円をドブに捨てることにならなければいいのだが。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
2
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
3
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!