芸能

追悼・松方弘樹「修羅の74年」烈しすぎる秘話!(1)150人分を1人で払った

20170209r1st

 男の色香にあふれ、そして、豪放な伝説を数多く残して冥土へと旅立った。その背中は「昭和最後の俳優」と呼んでも過言ではなく、奔馬のように74年の生涯を烈しく駆け抜けた男──松方弘樹。週刊アサヒ芸能にもゆかりの深い役者であったが、まだ知られざる逸話も多く、ここに「追悼」として一挙に公開したい。

〈あんた、初めからわしらが担いどる神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみないや、おう!〉

 日本の映画史を変えた傑作「仁義なき戦い」(73年、東映)において、松方弘樹扮する坂井鉄也が山守義雄組長(金子信雄)に向けてタンカを切るシーン。下剋上を表したシリーズ屈指の名セリフとされ、今なおサラリーマン層からも熱い共感を得ている。

 松方は約1年の闘病もむなしく、脳リンパ腫によって1月21日、74年の生涯を閉じた。名優・近衛十四郎の長男という恵まれた環境に育ったが、その役者稼業は、まさしく「神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみないや」のごとく“反骨”と“波乱”に満ちた日々であった。

 例えば、74年に渡哲也の代役で主演を務めた大河ドラマ「勝海舟」の全話終了後、こう言い放った。

「NHKはモノを作るところじゃない」

 また盟友・ビートたけしが監督と主演を務めた「座頭市」(03年、松竹)についても──、

「タップとか金髪とか、外国の賞狙いを意図している。それだけが時代劇じゃないというのを我々が見せていかないと」

 もちろん、“舌禍”に走るだけではない。その面倒見のよさは群を抜いていたと、東映でピラニア軍団の一員だった成瀬正孝は言う。

「僕らは『お兄ちゃん』と呼んでいて、京都撮影所の仕事が終わったら、よくクラブに連れて行ってくれましたわ。お兄ちゃんの好きなヘネシーをみんなについで歩く感じでしたね」

 成瀬は、松方自身が代表作と呼ぶ「修羅の群れ」(84年、東映)で、若き日の松方の頭をナタで叩き割る役を演じた。物語の起点となるハードなシーンだが、カットがかかれば松方は松方のままであった。

「敵味方の役だけど、終わったら『飲み行こうか』で、いつものお兄ちゃんの形。5年ぶりの主演作というので、気持ちはものすごく入っていたね」

 松方の主演作をもっとも多く撮ったのは、中島貞夫監督だ。一連のヤクザ映画はもちろん、時代劇や松方のプロデュース作品でもたびたび組んだ。

「弘樹ちゃんは時代劇全盛期の大スター・萬屋錦之介に憧れていた。スタッフや役者を引き連れて飲み歩くのも“錦兄ィ”の豪快さを自分の中に取り入れようとしていたね」

 中島は、松方のよさを「何においてもコソコソやらない」と指摘。その1つに、松方が父親から引き継いだ「雄琴の高級ソープ(当時はトルコ風呂)経営」があった。

「釣り堀もやっていたし、ソープも堂々とやっていた。ある意味じゃ世間知らずな面もあったけど、後ろを振り返らなかったね」

 中島と同様、脚本家の高田宏治も松方の傑作をいくつも手がけた。松方のサービス精神は、いつも肌で感じていたという。

「若い役者をソープに連れて行くのもそうやったし、飲み屋で打ち上げをやったら100人とか150人分を弘樹が1人で払ってたな。僕もゴルフやら嵐山の料亭やら、よう接待されたよ。弘樹は金を使って使って使い倒す。だから働かんといかん役者の典型やった」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え