エンタメ

「パックマン」「ゼビウス」…創業者の他界で思い返される“ナムコ伝説”

20170201namco

 数多くのヒットゲームを生み出してきたナムコの創業者である中村雅哉氏が亡くなり、ゲームファンの間に悲しみが広がっている。

 ナムコは1955年に「中村製作所」として設立され、アミューズメント施設に置かれた設備の製作などを経てゲーム事業に進出。1977年に社名を「株式会社ナムコ」に変更し、「パックマン」「ギャラクシアン」「ディグダグ」などの名作を世に送り出した。

「1980年代のゲームシーンを知るファンにとって、『ナムコ』の名前は特別なものがあります。ゲームセンターで一番輝いていたのは間違いなくナムコのゲームでした。ファミコンの時代になってからもそれは変わらず、ナムコはトップでありつづけたんです」(ゲームライター)

 ナムコの活動はゲームだけにとどまらず、1986年にはイタリアンレストランチェーンの「イタリアントマト」を買収して飲食業界に進出。1992年にはテーマパークの「ワンダーエッグ」を開園させた。現在はおもちゃメーカーのバンダイと合併し、「バンダイナムコ」としてビジネスを展開している。

 先のゲームライターによると、そんなナムコの偉大さを示すエピソードが残っているという。

「1983年に発売されたファミコンは当初、任天堂以外のメーカーがゲームカセットを製造することは許されていませんでした。エニックスやカプコンなどサードパーティと呼ばれるメーカーがどうしたかというと、ゲームのプログラムデータを任天堂に渡し、任天堂にカセットを製造してもらって、それを販売していたんです。ところがナムコだけは唯一、カセットの製造を許されていました。任天堂はナムコを優遇してでも、ファミコンに参加してほしかったんです。ナムコのゲームがすごかったことの証でしょう。ちなみに、ファミコンカセットはどれもみな同じ形をしていますが、独自に製造することが許されていたナムコのカセットだけは違う形なんですよ。後になって他メーカーも製造を許されたため、違う形のカセットも誕生しましたが」

「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「プロ野球ファミリースタジアム」「源平討魔伝」などなどきら星のごときナムコのゲームたち。マニアならずとも一度はプレイしたことがあるのではないだろうか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々