エンタメ

「パックマン」「ゼビウス」…創業者の他界で思い返される“ナムコ伝説”

20170201namco

 数多くのヒットゲームを生み出してきたナムコの創業者である中村雅哉氏が亡くなり、ゲームファンの間に悲しみが広がっている。

 ナムコは1955年に「中村製作所」として設立され、アミューズメント施設に置かれた設備の製作などを経てゲーム事業に進出。1977年に社名を「株式会社ナムコ」に変更し、「パックマン」「ギャラクシアン」「ディグダグ」などの名作を世に送り出した。

「1980年代のゲームシーンを知るファンにとって、『ナムコ』の名前は特別なものがあります。ゲームセンターで一番輝いていたのは間違いなくナムコのゲームでした。ファミコンの時代になってからもそれは変わらず、ナムコはトップでありつづけたんです」(ゲームライター)

 ナムコの活動はゲームだけにとどまらず、1986年にはイタリアンレストランチェーンの「イタリアントマト」を買収して飲食業界に進出。1992年にはテーマパークの「ワンダーエッグ」を開園させた。現在はおもちゃメーカーのバンダイと合併し、「バンダイナムコ」としてビジネスを展開している。

 先のゲームライターによると、そんなナムコの偉大さを示すエピソードが残っているという。

「1983年に発売されたファミコンは当初、任天堂以外のメーカーがゲームカセットを製造することは許されていませんでした。エニックスやカプコンなどサードパーティと呼ばれるメーカーがどうしたかというと、ゲームのプログラムデータを任天堂に渡し、任天堂にカセットを製造してもらって、それを販売していたんです。ところがナムコだけは唯一、カセットの製造を許されていました。任天堂はナムコを優遇してでも、ファミコンに参加してほしかったんです。ナムコのゲームがすごかったことの証でしょう。ちなみに、ファミコンカセットはどれもみな同じ形をしていますが、独自に製造することが許されていたナムコのカセットだけは違う形なんですよ。後になって他メーカーも製造を許されたため、違う形のカセットも誕生しましたが」

「ゼビウス」「ドルアーガの塔」「プロ野球ファミリースタジアム」「源平討魔伝」などなどきら星のごときナムコのゲームたち。マニアならずとも一度はプレイしたことがあるのではないだろうか。

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中村獅童の“お花畑”再婚に「竹内結子と子供の立場がない」と集中砲火!
2
フジ渡邊渚、Gカップで勝ち取った!?「めざましテレビ」抜擢に歓喜の声!
3
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
4
「中林大樹を仕留めた」竹内結子に囁かれる中村獅童に続く“デキ婚”説の根拠
5
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」