芸能

トレエンたかしの元カノだけじゃない、究極の「肩書芸人」が存在していた!

20170214takashi

 トレンディエンジェル・たかしの元カノは、秋葉原の元メイド。現在はマセキ芸能社に所属する、ピン芸人・わたなべるんるんだ。これはやや特殊だが、“元○○”の肩書きを引っさげて、芸人の世界に飛び込んでくる者は少なくない。

 その中でも特に重宝されるのはアナウンサーだ。お笑い雑誌の編集者は言う。

「ネタに定評があるラフレクランの西村真二は、慶應出身で元広島ホームテレビのアナウンサー。現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、若手芸人のイケメンランキングで常に上位に入っているインテリ系。広島時代にニュースやバラエティ、プロ野球の実況など幅広く活躍した実績が買われ、今は『とくダネ!』(フジテレビ系)のプレゼンターも務めています」

 男性だけでなく、華の女子アナから芸人に転向した者もいる。サンミュージック所属の「小林アナ」だ。肩書きをそのまま芸名にした彼女は、上智大学出身。新潟テレビで女子アナをしていた時は、レポーターを中心に活躍。退職後に上京、芸人養成所を経て芸人になった。

「知的な雰囲気と滑舌の良さを生かして、アナウンスの肩書きをモチーフにした芸風がウリ。2013年に乳がんが発覚、胸の再建手術を受けたことが、さまざまなメディアで報じられました」(前出・お笑い雑誌編集者)。

 かつてはバラエティ番組で女子アナ時代に取材先の男性とワンナイトラブをしたことを激白したが、今は自虐を封印。これがブレイクにつながるのか否か、注目だ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
阿部華也子が人気番付2連覇!美女お天気キャスター「ムレムレ艶事件」大公開
2
重盛さと美、“東大卒IT社長と破局告白”に「元ヤンが遊ばれただけ?」の声
3
半沢直樹“最終回、幻のラストシーン”(1)「頭取、そりゃないぜ」と思ったら意外な出向理由が
4
7年前に“兆候”?「軽度認知症」蛭子能収、バス旅で見せていた気になる場面
5
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”