芸能

トレエンたかしの元カノだけじゃない、究極の「肩書芸人」が存在していた!

20170214takashi

 トレンディエンジェル・たかしの元カノは、秋葉原の元メイド。現在はマセキ芸能社に所属する、ピン芸人・わたなべるんるんだ。これはやや特殊だが、“元○○”の肩書きを引っさげて、芸人の世界に飛び込んでくる者は少なくない。

 その中でも特に重宝されるのはアナウンサーだ。お笑い雑誌の編集者は言う。

「ネタに定評があるラフレクランの西村真二は、慶應出身で元広島ホームテレビのアナウンサー。現在はよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属で、若手芸人のイケメンランキングで常に上位に入っているインテリ系。広島時代にニュースやバラエティ、プロ野球の実況など幅広く活躍した実績が買われ、今は『とくダネ!』(フジテレビ系)のプレゼンターも務めています」

 男性だけでなく、華の女子アナから芸人に転向した者もいる。サンミュージック所属の「小林アナ」だ。肩書きをそのまま芸名にした彼女は、上智大学出身。新潟テレビで女子アナをしていた時は、レポーターを中心に活躍。退職後に上京、芸人養成所を経て芸人になった。

「知的な雰囲気と滑舌の良さを生かして、アナウンスの肩書きをモチーフにした芸風がウリ。2013年に乳がんが発覚、胸の再建手術を受けたことが、さまざまなメディアで報じられました」(前出・お笑い雑誌編集者)。

 かつてはバラエティ番組で女子アナ時代に取材先の男性とワンナイトラブをしたことを激白したが、今は自虐を封印。これがブレイクにつながるのか否か、注目だ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策