スポーツ

「収穫」あり!羽生結弦、負けても表情が晴れ晴れしていた理由とは?

20170220hanyuu

 2018年の平昌五輪と同会場で行われた、フィギュアスケートの四大陸選手権は、米のネイサン・チェンが1位。羽生結弦2位、宇野昌磨3位という結果に終わった。

 羽生は4回転ループ、4回転サルコーを成功させたが、3番目のジャンプの4回転サルコー・3回転トゥループのコンビネーションは、2回転・シングルと失敗。しかし「体力の余裕があった」と言う羽生は、後半ジャンプの構成を変更し、4回転トゥループのコンビネーションとトリプルアクセルを成功させた。

 試合後のインタビューで「悔しい」と口にした羽生選手だったが「収穫もあった」と語り、ネイサンに負けはしたものの、表情は晴れやかだった。

 スポーツライターは「クレバーな演技だった」と話す。

「ネイサンが5回もの4回転ジャンプを成功させたのは素晴らしいですが、羽生が成功させたときの美しさにはかなわない。演技力もしかりです。今回羽生は、演技中に加点数を計算してジャンプの構成を変えました。音楽に合わせて演技をするフィギュアは、その構成を体に覚え込ませるので、演技中に構成を変えるのは簡単ではありません。それを羽生はやってのけた。“勝つ”ために何をすべきかを考えながら演技をし、成功した羽生にとって、今回は“試合に負けたが大きな自信につながった”と思います」

 常々「完成形の確立を上げ、完璧にやりたい」と話す羽生は、まだまだ進化し続けている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
東出昌大と“不貞報道”唐田えりかのインスタグラムの“異変”と“異様”
2
許せない!?内田理央の「胸揉まれ艶ドラマ」に地方の視聴者が大激怒のワケ
3
杏が再三“SOS”の悲鳴を上げていた不貞報道・東出昌大のクズっぷり!
4
「水ダウ」放送事故より深刻?板東英二の「有吉反省会」に視聴者から心配の声
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃