芸能

Sexy Zoneを下ネタで汚した小娘タレントにファンの怒りが大爆発

20170307_asagei_sexyzone

 3月2日に放送されたバラエティ番組「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ系)に出演したタレント・入矢麻衣の一発芸に一部の層が激怒している。

 入谷が披露したギャグというのが、ジャニーズ事務所所属の5人組アイドルSexy Zoneのデビュー曲「Sexy Zone」のサビ部分の替え歌を歌いながら、艶っぽい動作を見せるというもの。

「時代を作ろうSexy Zone」というフレーズを「ココ、ココ、ココ、ココ、Sexy Zone」と口ずさみながら、胸や下半身を指差すというチープなギャグを披露したのだが、放送後には入矢のツイッターはみごとに炎上してしまった。

「ガッツリの下ネタということもあり、Sexy Zoneのファンがブチ切れました。グループ名にもなっている同曲はSexy Zoneのデビュー曲であり、ファンにとっても大事な楽曲ということで『本当に不快でしかなかった』『Sexy Zoneのことバカにしてるのか』という怒りのコメントから、『お前、誰だよ!芸能界から出てけよ』といった過激な文面も連打されています」(エンタメ誌ライター)

 今回、セクゾファンがここまでキレている要因の一つとして、入矢があまり認知されていない新人タレントということも大きいようだ。

「入矢はデビュー年の2010年に日本テレビのイメージガール『日テレジェニック2010』の候補者に選ばれるも、以降たいした実績はなし。昨年、現在の事務所のオスカープロモーションに移籍。事務所の先輩である剛力彩芽が『アンビリバボー』の番組MCを務めている繋がりで、準レギュラーとして出演できているのでしょう。しかし、その程度の実績の彼女がSexy Zoneを下品なネタにしたことが我慢ならなかったのでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 ちなみに、入矢はそれ以外にも今回の放送中、矢沢永吉を呼び捨てで呼んだことでもブッ叩かれている。

 とはいえ、もしも未来の炎上クイーン路線を目指すというなら、これぐらいの批判でひるむわけにはいかないはず。今後はどういった売り出され方をしていくのだろうか?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性