芸能

石田ゆり子 缶チューハイ「ゆるもぉ」CMで色香発散でも貫く独身道

20170316j

 アラフィフとは思えない若さあふれる美貌で幅広い女性層から支持される石田ゆり子(47)。缶チューハイの新CMでは、大人の女性のフェロモンを発散し、世のオジサマ族をも魅了している。

 木目調の調度品が並ぶリビングで、ゆったりしたルームウエアを着た妻がグラスにアルコールを注ぐ。みずからもグラスに口をつけると、はにかんだ口元からは妖艶な笑みがこぼれる。

「うちでくつろいでいる、あなたの顔が‥‥好き」

 妻が夫への愛をストレートに明かし、最後はこんなひと言で締めくくられる。

「もっと、ゆるもぉ」

 2月21日から全国でオンエア中のCM「キリンチューハイ ビターズ」で石田が魅せた扇情シーンだ。熟女評論家の下関マグロ氏がその人妻エロスを大絶賛する。

「人妻設定なのに、あまり男性経験がなさそうな“処女性”を醸し出しているのがタマりません。『ゆるもぅ~』という決めゼリフは、貞淑な妻がお酒の勢いを借りて過激なセックスを求めているようで、アブない妄想が膨らみます」

 そんな石田は、06年に出演した「ニッカオールモルト」のCMでも人妻を演じ、「女房酔わせてどうするつもり?」との挑発的なセリフで注目を集めた。

「スケベなホロ酔い妻を演じさせたら石田さんが一番」(前出・下関氏)

 ありあまる魅力がありながら、私生活では独身を貫むいている石田。昨年放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)でバリバリのキャリアOLを演じたが、

「婚期を逃したアラフィフ美女という設定はプライベートとの共通点も多く、まさにハマリ役。しかし、おっとりした見た目とは裏腹に、メディアに対するガードは固く、プライベートは謎に包まれています」(スポーツ紙記者)

 かつては、92年にドラマで共演した石黒賢(51)との熱愛が報じられたが、結婚には至らなかった。

「今では完全に諦めモード。同じく独身の天海祐希(49)と飲みに出かけても『もう結婚しない‥‥』が共通認識で、男の話題はまったく出ないそうです」(芸能レポーター)

 そんな石田の最近の口グセが、

「結婚できないのではなく、しないだけ」

 強がり発言が飛び出す背景には、同居する“伴侶”の存在があった。

「動物愛護運動にも取り組石田さんは、窓から東京タワーが望める高級マンションで犬1匹と猫3匹に囲まれ、シングルライフを満喫していますよ」(前出・芸能レポーター)

 人生一度は“ゆるもぉ”な寵愛を受けたいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
華村あすか、平成最後の仮面ライダー女優が夏の爽やか水着で魅了!
2
あの「りさお姉さん」が強そうになってる!ガッチリ化にパパたちの涙
3
刺激強すぎ!?森咲智美、犬童美乃梨と「超絶景Gバスト」3番勝負にファン大興奮
4
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
5
石川佳純が“極太棒”を手に…思わずニンマリの妄想爆発ショットとは?