芸能

「最強の脇役」松岡茉優の映画初主演にファンが“華のなさ”を心配

 女優の松岡茉優が、今年公開予定の「勝手にふるえてろ」にて初の映画主演を務めることがわかった。もとより演技の上手さには定評があり、22歳になったばかりの松岡に“恋愛未経験のOL”はぴったりの役に思われる。だがファンのほうは「演技は上手いんだけど‥‥」と、イマイチ浮かない顔だというのだ。テレビ誌のライターが耳打ちする。

「彼女は性格が良く、MCをこなせる頭の良さを備え、演技力も若手ではトップクラス。しかし正直なところ、女優としての“華”に欠けるんですよね。助演なら最高の演技を見せてくれますが、いざ主演となった場合には作品全体が地味になる恐れもあるのです。そんな心配が杞憂に終わってくれればいいのですが‥‥」

 確かに松岡の主演ドラマを振り返ってみると、15年の「She」(フジテレビ系)は“主人公不在”という実験的なスタイルを取っており、16年の「その『おこだわり』、私にもくれよ!!」(テレビ東京)は、彼女自身が本人役で出演するフェイクドキュメンタリーの手法を採用。同年の「水族館ガール」(NHK)は桐谷健太とのダブル主演であり、純粋な主演作はないに等しい状況なのである。

 その一方でNHK大河ドラマの『真田丸』にも起用されたり、バラエティ番組『オサレもん』(フジテレビ系)ではおぎやはぎと一緒に番組MCを務めるなど、使い勝手の良さはピカイチ。若手の中では群を抜く存在感を示しているのだ。そんな松岡のパーソナリティについて、テレビ誌のライターが続ける。

「共演者や制作陣、さらには取材陣など、松岡に会ったことのある人は口を揃えて『彼女はイイ子だ』と言うんですよ。だから今回の映画がたとえ興行的に失敗したとしても、それが黒歴史になることはなさそうです」

 果たして「最強の脇役」松岡の映画主演は吉と出るか凶と出るか。結果がどちらに転ぶにせよ、彼女の味方が増えることはあっても減ることはないのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
村上信五に「大恥をかかせた」フジテレビにジャニーズが大激怒!?
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
とんねるずとダウンタウンが完全和解!?“奇跡のタッグ”に向けて急加速
4
カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?
5
眞子様、佳子様からも選ばれなかった学習院大学から「廃校も…」悲鳴が!