政治

「金正男暗殺報道」現地調査でわかったバカ騒ぎ現場!(1)デマがテレビで流れ続けた

20170316w1st

 金正男暗殺される──衝撃の第一報が日本に飛び込んだのは事件翌日のバレンタインデーだった。その夜を境に、日本のメディアは「暗殺報道」一色。その舞台裏では、5300キロ離れた東京とクアラルンプールを股にかけて、連日「バカ騒ぎ」が繰り広げられていた。

「いまだに気づかない人が多いかもしれませんが、テレビ局は誤報を連発していました。暗殺事件が勃発した直後は、入ってくる情報をいちいち精査するヒマもありませんでしたから」

 ドタバタの「暗殺報道」を述懐するのは、テレビ制作会社のディレクターだ。彼によれば、

〈実行犯が死亡した〉(※のちに実行犯の女性2人が逮捕・起訴)

〈暗殺方法は毒針だった〉(※のちにVXガスだったことが判明)

〈正男氏の息子のハンソル氏が遺体確認にマレーシア入りした〉(※のちにマレーシア政府が全面否定)

 こういったデマがテレビでタレ流され続けたという。だが、混乱したのは視聴者だけではなさそうだ。

「着のみ着のままマレーシアに飛んだのですが、これといった情報源がないため、現地の報道機関に頼らざるをえない状況。ところが、新聞、テレビ、警察発表と、それぞれ言っていることがバラバラなんです。情報が錯綜して何を信じていいやらわかりませんでした」(前出・ディレクター)

 現地には世界中からメディアが集まり、公式の会見場は芋を洗うような混雑ぶりだったという。

「正男氏の遺体が安置されている病院で会見が開かれた時は、狭いスペースに100人以上の記者が集まり、配付資料の奪い合いで小競り合いが発生しました。同様のゴタゴタは裁判所前でも頻繁に目撃されました」(在マレーシア記者)

 横並びの報道合戦が続く中で、各社が狙っていたのが独自のスクープ映像だ。

「取材開始当初は、正男氏や容疑者の顔をハッキリと捉えた新しい映像には、『最低でも10万円』と高額の“懸賞金”を設定していました」(前出・ディレクター)

 だが、実行犯の一人であるシティ・アイシャ容疑者が事件の数時間前に開いていた「誕生日会」の模様をスクープしたのは、現地メディアだった。

「2月25日に『中国報』がネット公開したパーティの動画は、たった100ドルで出席者から買い取ったと聞いて愕然としました」(前出・ディレクター)

 また、クアラルンプールには、金正男氏が行きつけにしていた高級和食店があった。

「正男氏がマレーシアを訪問した際は必ず訪れていたようで、お気に入りのメニューや最後の来店風景などを取材するため、ある日本のメディアが粘り強く交渉をしたが、いい返事はもらえなかったようです」(民放関係者)

 現地で営業する他の高級和食店を当たったが、

「正男氏? 来てない。日本人の記者も来ていない」

 と反応はそっけなかった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
4
NHK桑子真帆は「コンバート」も鉄壁守備不変!女子アナ「仁義なき契約更改」
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性