政治

「金正男暗殺報道」現地調査でわかったバカ騒ぎ現場!(1)デマがテレビで流れ続けた

20170316w1st

 金正男暗殺される──衝撃の第一報が日本に飛び込んだのは事件翌日のバレンタインデーだった。その夜を境に、日本のメディアは「暗殺報道」一色。その舞台裏では、5300キロ離れた東京とクアラルンプールを股にかけて、連日「バカ騒ぎ」が繰り広げられていた。

「いまだに気づかない人が多いかもしれませんが、テレビ局は誤報を連発していました。暗殺事件が勃発した直後は、入ってくる情報をいちいち精査するヒマもありませんでしたから」

 ドタバタの「暗殺報道」を述懐するのは、テレビ制作会社のディレクターだ。彼によれば、

〈実行犯が死亡した〉(※のちに実行犯の女性2人が逮捕・起訴)

〈暗殺方法は毒針だった〉(※のちにVXガスだったことが判明)

〈正男氏の息子のハンソル氏が遺体確認にマレーシア入りした〉(※のちにマレーシア政府が全面否定)

 こういったデマがテレビでタレ流され続けたという。だが、混乱したのは視聴者だけではなさそうだ。

「着のみ着のままマレーシアに飛んだのですが、これといった情報源がないため、現地の報道機関に頼らざるをえない状況。ところが、新聞、テレビ、警察発表と、それぞれ言っていることがバラバラなんです。情報が錯綜して何を信じていいやらわかりませんでした」(前出・ディレクター)

 現地には世界中からメディアが集まり、公式の会見場は芋を洗うような混雑ぶりだったという。

「正男氏の遺体が安置されている病院で会見が開かれた時は、狭いスペースに100人以上の記者が集まり、配付資料の奪い合いで小競り合いが発生しました。同様のゴタゴタは裁判所前でも頻繁に目撃されました」(在マレーシア記者)

 横並びの報道合戦が続く中で、各社が狙っていたのが独自のスクープ映像だ。

「取材開始当初は、正男氏や容疑者の顔をハッキリと捉えた新しい映像には、『最低でも10万円』と高額の“懸賞金”を設定していました」(前出・ディレクター)

 だが、実行犯の一人であるシティ・アイシャ容疑者が事件の数時間前に開いていた「誕生日会」の模様をスクープしたのは、現地メディアだった。

「2月25日に『中国報』がネット公開したパーティの動画は、たった100ドルで出席者から買い取ったと聞いて愕然としました」(前出・ディレクター)

 また、クアラルンプールには、金正男氏が行きつけにしていた高級和食店があった。

「正男氏がマレーシアを訪問した際は必ず訪れていたようで、お気に入りのメニューや最後の来店風景などを取材するため、ある日本のメディアが粘り強く交渉をしたが、いい返事はもらえなかったようです」(民放関係者)

 現地で営業する他の高級和食店を当たったが、

「正男氏? 来てない。日本人の記者も来ていない」

 と反応はそっけなかった。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
2
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”
5
テレ朝・斎藤ちはるは“ギャップ”が凄い/女子アナ「艶金メダル争い」中継(終)