政治

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(2)家老幹部の言葉に傷ついた

──

 金正恩は、2011年12月に父・正日が急死したあと、十分な帝王学を身につけないまま20代の若さで最高指導者として君臨することになった。正日が20年をかけて最高指導者の肩書を付けたのとは対照的だ。

──

 私の手元には、金正恩が権力を継承した直後の「責任幹部に対する講演集(部外秘)」がありますが、そこには党建設の話や人民軍強化の組織論は一つもありません。ごくわずかに党に対しての話がありますが、組織論ではなく、党の担い手は言葉遣いを丁寧にしなければならないとか、官僚主義はいけないなど、当たり前の指摘がほとんどです。論理的な内容はなく、聞き手に深く考えさせ感動させるような話もまったくありません。

 当時、彼の話を聞いた現場の幹部は大いに戸惑ったといいます。北朝鮮内部からの情報によると、随行の家老的幹部たちは「首領様はまだお若いから」とフォローするのが大変だったといいます。しかし、そうしたフォロー発言は、秘密警察の国家安全保衛部(現在は国家保衛省)の要員によって必ず金正恩に伝えられ、劣等感にさいなまれている彼の自尊心を傷つけることになります。こうした積み重ねによって、父・金正日から後見人を付託されていた叔父の張成沢(チャンソンテク)に対しても疑心暗鬼を深め、2013年12月の処刑にまで至りました。

 張成沢を処刑したあと、金正恩の本性は剥き出しとなりました。党と軍を思うがままに動かすため、それまでの慣例や序列を無視した「人事いじり」を始めたのです。それでも思いどおりにならない時は、容赦なく粛清・処刑する恐怖政治で臨むようになりました。

 2017年2月には兄の金正男まで暗殺しました。この暗殺の理由として、正男が亡命政権樹立や亡命に動いていたからだとする説がささやかれていますが、これは少々無理があると思います。正男が亡命政権を樹立するなら、自身の保護壁であった叔母の金慶喜(キムギョンヒ)やその夫の張成沢が健在であった時期に行動を起こしたでしょう。彼には金正恩政権と対決する意思はなかったと思われます。

 正男暗殺が実行されたのは、亡命政権樹立や亡命に向かっていたからではなく、金正恩自身が疑心暗鬼になり、そうした情報に惑わされたか、正男の存在を危険視する何らかの状況が生まれたからだと思われます。例えば、中国が正男を担ぎ始めたとか、北朝鮮当局が金正恩暗殺情報を入手したとかです。その中に亡命や亡命政権の情報が入っていたのかもしれません。いずれにせよ、金正恩が何らかの情報をキャッチし、張成沢の時のように疑心暗鬼に陥って暗殺した可能性が高いと思われます。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石橋貴明もショック?「細かすぎモノマネ」に木梨憲武が出演しない理由
2
松本人志、BTS原爆Tシャツ問題に“号泣マジギレ”も十分ありえた「過去言動」!
3
視聴者大パニック!有村架純「中学聖日記」公式サイトが衝撃展開を示唆!?
4
高橋一生主演「僕らは奇跡でできている」の北香那に絶賛の声があがる理由
5
急落TV美女に「戦力外通告」の非情現場(3)かつてのスーパーアイドル・中山美穂も…