女子アナ

ピンクのバストがドーン!バラより美しい高橋真麻のGカップショット

 やっぱり高橋真麻の胸はスゴかった!5月11日のブログで公開された真麻のバストショットが興奮モノの艶っぽさだとして話題になっている。

 京成バラ園で行われた桂由美とのトークショーを報告する投稿で、2枚の写真が公開されている。1枚は桂由美とのショットで、もう1枚はバラが飾り付けられた台の後ろで真麻がポーズを決めているショット。どちらも豊かな胸が際立っている。

「真麻が着ているのは淡いピンクのノースリーブワンピース。体にピッタリとフィットしたデザインなので、胸の大きさがよくわかるんです。彼女の胸が大きいことはよく知っていますが、改めてその大きさにビックリさせられます」(週刊誌記者)

 この記者によると特に注目したいのは、バラの台の写真だという。台はスカートを模しており、その後ろに立つとまるでバラが飾り付けられたスカートを履いているように見える。真麻の写真はその台の上にGカップを乗せるようなかっこうになっているのだ。

「ピンクのバラとピンクの服に包まれたバストがみごとな競艶をしています。いやバラよりも美しいと言っていいのではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 まるでバラの妖精のような真麻。男性ファンが喜ぶポイントをよく知っているようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】