女子アナ

ピンクのバストがドーン!バラより美しい高橋真麻のGカップショット

 やっぱり高橋真麻の胸はスゴかった!5月11日のブログで公開された真麻のバストショットが興奮モノの艶っぽさだとして話題になっている。

 京成バラ園で行われた桂由美とのトークショーを報告する投稿で、2枚の写真が公開されている。1枚は桂由美とのショットで、もう1枚はバラが飾り付けられた台の後ろで真麻がポーズを決めているショット。どちらも豊かな胸が際立っている。

「真麻が着ているのは淡いピンクのノースリーブワンピース。体にピッタリとフィットしたデザインなので、胸の大きさがよくわかるんです。彼女の胸が大きいことはよく知っていますが、改めてその大きさにビックリさせられます」(週刊誌記者)

 この記者によると特に注目したいのは、バラの台の写真だという。台はスカートを模しており、その後ろに立つとまるでバラが飾り付けられたスカートを履いているように見える。真麻の写真はその台の上にGカップを乗せるようなかっこうになっているのだ。

「ピンクのバラとピンクの服に包まれたバストがみごとな競艶をしています。いやバラよりも美しいと言っていいのではないでしょうか」(前出・週刊誌記者)

 まるでバラの妖精のような真麻。男性ファンが喜ぶポイントをよく知っているようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

    高血圧のスペシャリストが教える血圧を下げる6つの裏ワザ

    40代以上の男性の6割が、高血圧と言われる中、「深呼吸」など簡単な方法で、みるみる血圧を下げることができるというマニュアル本が話題となっている。高血圧のスペシャリストが教える“血圧を下げる秘策”とは──。「数字ばかりが独り歩きし、『降圧剤、…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
デカすぎ!「半分、青い。」永野芽郁のボディコン姿に浮上した“疑惑”とは?
2
坂口杏里、踊り子デビューも「集客方法」が前代未聞レベルの必死さ!
3
西城秀樹「急逝報道」での安藤優子“ナマ号泣”に視聴者から冷ややかな声が!
4
酒好き美女7人の「酔い乱れ」現場(1)説教モードに入る新垣結衣
5
全脱ぎ披露!?「花のち晴れ」で飯豊まりえが起用された“裏事情”