スポーツ

在米18年目のイチローは現地で新聞もテレビもほとんど見ていなかった!?

 米MLB、シアトル・マリナーズのイチローが5月3日、会長付特別補佐に就任し、今季は試合に出場しないと発表された。このニュースは全米でもトップニュースとして報じられ、イチローが野球の枠を超えて全米に広く知られる存在であることをあらためて実感させる出来事となった。

「イチローは存命人物としてはアメリカで最も有名な日本人かもしれません。彼に匹敵するのは俳優の渡辺謙や映画監督の宮崎駿、そして故ジョン・レノン夫人で芸術家のオノ・ヨーコくらいのものでしょう。スポーツ界では最近、五輪連覇の偉業を達成した羽生結弦の知名度も高まっていますが、イチローの域にはまだ達していないはず。そしてエンゼルスで快進撃を続ける大谷翔平もまだ、野球界でのトピックに留まっています」(アメリカ在住経験のあるライター)

 2001年の渡米以来、すでにアメリカ滞在は18年目を数え、プライベートでは流暢な英語で周囲とコミュニケーションを取っているイチロー。さぞやアメリカの生活文化にも通じているのかと思いきや、実は新聞やテレビをほとんど見ていないのでは?と思われるエピソードが伝わってきたという。

「スポーツ情報サイトの『ジ・アスレチック』に5月9日付で掲載された記事によると、イチローは17年春季トレーニングのある日、見知らぬ人物から携帯メールをもらったとコーチに話したとのこと。そこでコーチが『相手の名前は?』と訊ねたところ、『トム・ブレイディとかいうヤツ。どこの誰だい!?』と答えたというのです。そのブレイディは米アメフト界のスーパースターで、スーパーボウルに5回も優勝している現役最高峰の選手。しかも妻はスーパーモデルのジゼル・ブンチェンで、アメリカでは知らない人のいないスーパーカップルです。そのためアメフトに興味がない人でも、アメリカで普通に生活していれば新聞やテレビでブレイディのことは絶対に見聞きしているはず。特にスポーツ欄ではトップ面を飾りまくる大選手ですから、イチローが彼を知らないことには正直、驚きましたね」(前出・ライター)

 それこそ日本でいえば、野球に興味がない人でもイチローの名前を知っているのと同じこと。そんな超有名選手のことを知らないとは、イチローはアメリカで相当に浮世離れした野球漬けの生活を送っているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
後輩芸人に弱気発言も…石橋貴明の“凋落の現場”をスクープ詳報!
2
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
「蚊?」「もう夏じゃない!」…TBS宇垣美里、“公然キスマーク”にネット民大混乱
5
大好評「激レアさんを連れてきた。」に“打ち切りの危機”が囁かれる深刻理由