スポーツ

天才テリー伊藤対談「蝶野正洋」(3)実質的にプロレスは「引退」ですね

20170316c

テリー 蝶野さんはもう2年ぐらいリングから離れていますよね。実際のところ、体調はどうなんですか?

蝶野 正直、よくはないですね。以前よりはマシになっていますけど、坐骨神経がやられちゃってて、長く歩くとしびれてきちゃうんですよ。

テリー あらら、それは大変ですね。

蝶野 藤波(辰爾)さんや天龍(源一郎)さんも同じような症状で、最終的に手術しましたけれど、あんまりよくなってないみたいですから。

テリー 体をゆっくり休ませれば回復する、みたいな話ではないんですか。

蝶野 回復するところと、しないところがあるんですよ。例えば、俺は膝の前十字靭帯が切れているんですけど、そこは周りに腱ができたり、筋肉がついてきたりすることで緩みがなくなってくるんです。でも、やっぱり坐骨神経とか骨のあたりはダメですね。

テリー そうなると、もうリングに上がるのは‥‥。

蝶野 昔のような形では無理でしょうね。以前は体を1、2年休めれば、またリングに上がれるんじゃないかと思っていたんですけど。だから、タイミングを逃しちゃいましたけど、実質的には「引退」です。

テリー そうですか、それは寂しいなァ。

蝶野 それにもうずいぶん前からですけど、試合をやっていると、左目の焦点が合わなくなってきたんですよ。ちょっと疲れてくると、斜視になっちゃうんです。

テリー ということは、2つ見えちゃうっていうことですね。極端な話、シングル戦なのにタッグ戦みたいな。

蝶野 そうそう、試合中に実際そうなっちゃったんですよ(笑)。2005年の「G1 CLIMAX」決勝で藤田(和之)選手と対戦した時に、彼の膝が目に入っちゃって。そしたら彼の姿が何重にも見えてきて、ロープに走ろうと思ったら3本のはずのロープがもっと多くに見えたんです。

テリー その症状は、今もあるんですか?

蝶野 ランニングをしたり、体を激しく動かしちゃうとダメですね。この前、らせん階段を昇っていたら目を回しちゃって、もう笑い話のレベルですよ。

テリー そういう症状は、手術では治らないものなんですかね。

蝶野 さっきの話じゃないですけど、やはり試合をする場合には、一歩間違えると大ケガにつながりますから、前から眼科に行って手術をお願いしていたんですが、お医者さんには「まだそこまでのレベルじゃない」って言われるんですよ。まったく目が見えないとか日常生活に差し支えるレベルでないとダメだそうで、結局そのままできちゃっているんですけどね。

テリー そうですか、寂しいですけど、もうテレビの世界でこれだけ活躍できているんですから、引退も一つの選択肢かもしれませんね。その辺り、奥さんは何か言ってるんですか?

蝶野 いや、プロレスに関しては何も言わないです。旦那の仕事に関して興味はあんまりないみたいです(笑)。

テリー え、じゃあ「バラいろダンディ」のMCについても?

蝶野 最初は全然観てくれませんでしたけど、1カ月ぐらいたって、やっと観てくれましたね。「下を向きすぎ!」って注意されました(笑)。

テリー あちゃちゃ、さすがは奥さん、チェックが厳しいですね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
新垣結衣があの新婚女優に見える瞬間?「けもなれ」でささやかれる珍現象
2
めちゃイケの“ヤラセ”までバラされた!「イッテQ騒動」余波が止まらないッ
3
「中学聖日記が大反響」有村架純を待ち受ける“第二の裕木奈江”になる罠!
4
本田翼、「あざとすぎるCMダンス」に業界から「やっちまったな」の声!
5
岡村隆史、若林正恭と南沢奈央の破局に“心ない発言”で南沢ファンが怒髪天!