政治

「金正男暗殺報道」現地調査でわかったバカ騒ぎ現場!(2)なぜかピンク産業が大賑わい?

20170316w2nd

 異国の地でなかなか成果をあげられない。そのストレスを発散させているのは、もっぱら中華料理店だという。

「国民の約7割をイスラム教徒が占めるマレーシアでは酒を出す店が少ない。でも和食屋は高すぎるし、日本人の口に合わないケースも多い。そのせいか、中華料理店は海外から押し寄せた報道関係者でどこも大繁盛。日本人記者たちもヤケ酒をあおりながら、『何か(情報)取れた?』とグチをこぼし合っていましたよ」(テレビ制作会社ディレクター)

 憂さ晴らしの酒の次は“オンナ”。世界的な報道ラッシュの影響で、ピンク産業が時ならぬ“バブル”を迎えていた。

「クアラルンプールではかねてから、ベトナム国籍の出稼ぎ売春婦が幅を利かせていました。料金相場は1回につき約5000円。観光ビザで短期滞在中に稼げるだけ稼いで帰国するんですが、金払いのいい報道陣がアジア中から集まっている噂を聞きつけ、ここぞとばかりに大量流入しています」(現地メディア関係者)

 売春婦たちがダンススペースを備えたクラブなどで、外国人客に声をかけては淫売行為を持ちかける。こうしたウラの風俗事情は世界的に知られているという。

「報道関係者には、海外の買春事情に精通した人間が少なくない。今回の事件を受けて、『あそこに行けば、いいオンナが安く買える』とフラチな理由で現地行きを志願する男性スタッフもいたようです」(前出・民放関係者)

 もちろん、報道の使命を胸に渡航したのが大半で、こうした「買春ツアー組」はごく一部だったと信じたい。

 一方、日本国内に目を向ければ、「事件取材」でかさむ制作費に各情報番組が頭を悩ませていた。

「取材班の渡航費に滞在費、それに現地で雇うコーディネーターの人件費などを合わせたら、膨大な額になります。潤沢な予算がある局の報道部は別として、番組が現地に送り込めるのは、レポーターを含めて2人が精いっぱい。ディレクターがハンディカメラで撮影も兼務しているくらいです」(ワイドショースタッフ)

 前代未聞の「暗殺テロ」事件を受けて、特に各局のワイドショーは、企画の差し替えを余儀なくされた。

「放送日の調整に苦労しましたが、幸いお蔵入りになった企画はありませんでした」(前出・ワイドショースタッフ)

 だが、一連の報道の舞台裏では、北朝鮮問題に詳しいコメンテーターを巡って激しい争奪戦が勃発していたのだ。

「やはり名前も実績もある『コリア・レポート』編集長の辺真一さんや、『デイリーNKジャパン』編集長の高英起さんにオファーが殺到していたようです。さすがに、朝なら朝、昼なら昼と、同じ時間帯に違う局をハシゴすることはなかったようですが、なかなかスケジュールが押さえられずに苦労しました」(前出・ワイドショースタッフ)

「バカ騒ぎ」はいつまで続くことやら──。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ